TO DOの前に!したいことをする時間ができる「しないことリスト」のススメ

 

新年にたてた目標に向かって、毎朝英語の勉強をしたり、朝ラン・朝ヨガを頑張ったり、日々「To Doリスト」をこなしている方、多いと思います。

一方で、春を目の前にして「To Doをこなすのがしんどいな」「ちょっと息切れしてるかも…」なんて、やる気がダウンしてきた方もいる時期ではないでしょうか?

朝活に限りませんが、もしかすると、毎日「To Do」を詰め込みすぎていたり、日々の生活が忙しすぎるせいかもしれません。

やりたい気持ちはあるのにそれをこなす時間がないと、どんどんストレスがたまるもの。

そんな時はちょっと立ち止まって、「したいことをするための時間」を確保する方法を考えてみませんか?

「時間がない」のはなぜ?

時間は誰にとっても有限です。もちろん朝早く起きれば、時間を有効に使えるようになりますが、早起きするためには早めに寝ることが欠かせないので、結局は同じですよね。

そんな、限られた時間の中で、やるべきことを最大限効率化したとしても、もしムダなことに時間を無駄に使ってしまっていたら、したいことをする時間はなくなってしまいます。

したいことのための「To Do」をする時間がない!と感じている方は、To Doリストをこなす前に、一度ゆっくり生活を振り返って、「Not To Doリスト」を書き出してみましょう。

振り返る方法は簡単。メモ帳やノートに1日のすべての行動を記録してみると、多くの発見があるはず。

スマホでのSNSチェックに時間を費やしすぎていたり、意外とテレビを見ている時間が長かったり…なんとなくコンビニに立ち寄って時間を費やしていたり!

ムダな時間だけでなく、必要だけれど、やり方を工夫すれば効率化できることも見えてくるかも。

例えば、スーパーに買い出しに行く時間がもったいないならば「ネットスーパー」や「通販」を上手に活用したり、週に1回まとめて買い出しするようにしたり。

通勤時間が長過ぎる…と言う場合は、その時間を勉強の時間にあてたり、身軽な一人暮らしさんなら思ったら、会社の近くに引っ越すのもいいかもしれませんよね。

したいことをする時間がほしい、と思ったらまずこんな風に、生活を振り返って「しないこと」を探してみてください。

「しないことリスト」 を作ってみよう

「しなくてもいいこと」「しない方がいいこと」が見つかってきたら、それをもとに、具体的な「しないことリスト」を作ってみましょう♪

例えば、22時以降はテレビを観ない、目的もなくコンビニによらない、週2回以上は飲みに行かない…などなど。

リストにするのは、日記やノートでもいいし、スマホのアプリでも大丈夫です。

「しないことリスト」を作る時のコツは、ルールで縛りすぎないこと。

プレッシャーをかけすぎると心を消耗してしまうし、続けるのが難しくなってしまいます。

例えば、「朝のSNSチェックはしない!」ではなく「朝のSNSは5分だけにする」「通勤電車の中だけにする」など、ちょっとゆるくするのが長続きのポイント。1日じゅうセーブするのではなく「朝だけのNot To Do」を作るのもいいですね。

無理のないリストを作ってみてください。

「しないことリスト」を守れたら自分にご褒美を♪

「しないことリスト」は、自分との約束。

1週間や1か月など自分で決めた期間、リスト通りに行動できたら、頑張った自分をねぎらってあげましょう!

朝ごはんでプチ贅沢を楽しむのも良いですし、生まれた空き時間にさっそく「やりたかったこと」を入れていくのもOK。

そのときは「やりたいこと」もあらかじめ書き出して、優先順位をつけておくのがポイントです。

アレもコレもと思っているとまた時間が足りなくなって、ペースを崩してしまうので気を付けて。

もうすぐ新年度。春に向かって、自分にとって必要のない「Not To Do」と、目標のための「To Do」のバランスを上手にとりながら、したいことをする時間を手に入れましょう☆

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング