“ハンドベイン”になってない?年齢が出やすい「手」を若々しく保つ方法3つ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

女性の若々しさ、美しさを印象づけるのは顔や髪だけではありません。中でも、手の甲は、実は年齢があらわれやすい部分。カサカサに乾燥していたり、血管が浮き出ている手では、年齢よりも老けて見えてしまいます。今回は、若々しく美しい手を目指す方法をご紹介致します。

【1】ハンドクリームで乾燥する隙を与えない!

ハンドクリーム
若々しい手を目指すために必須なのは、やはり保湿すること。ハンドクリームをこまめに付けて、乾燥する隙を与えないようにしましょう。

私が愛用している、美肌温泉から作られたビーユー ハンドクリームは、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、シアバターといった美容成分配合。肌なじみが良くベタベタしないので、こまめなケアに最適。赤ちゃんも使えるほど肌に優しい無添加コスメなので安心です。

天然ベルガモット油の香りに癒されながら、ハンドケアができますよ。

【2】浮き出た手の血管はサプリメントでケア

美しい手

年齢を重ねると、段々と手の甲に血管が浮き出てくるようになります。原因は皮膚の老化、血管の老化、紫外線によるダメージが考えられます。この状態は「ハンドベイン」と呼ばれ、美容クリニックではハンドベインを解消する治療も行われているほど、女性のエイジングの悩みの一つ。

ハンドベイン専用のハンドクリームやサプリメントで、自分でケアすることもできます。ハンドベインネーゼは、老け手ケア専用のサプリメント。血管を若々しく保つための成分が配合されています。

【3】朝晩のスキンケアで手の甲もケア

私は年齢の割に手の甲がキレイなのでは?と自負しています!シワや血管が目立たずに、シミなどもありません。その秘訣は、朝晩のスキンケアで手の甲もケアすること。化粧水、美容液、クリームなど顔に付けたスキンケアアイテムは、全て手の甲にも付けているのです。

顔に付けた後に手の平に残っている分を、首と手の甲になじませるのが習慣です。また、顔に使ったシートマスクを使い終わったら、それで手の甲や膝、かかとやくるぶしなどを拭き取るようにします。

このケア方法はもう15年以上の習慣。継続することで肌は変わりますので、ぜひ今からでも試してみてはいかがでしょうか。

その他

  • 家事の時には必ずゴム手袋を付ける
  • 外出時や車の運転時にはUVカット手袋をする
  • 手を洗った後は温風乾燥機は使わずタオルでふく

…若々しく美しい手を目指すためには、このようなことに気をつけるのも効果的です。日々の心がけ次第で肌は変わります。諦めずにぜひ顔や髪だけでなく、手のケアもはじめてみてくださいね。

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング