もう余らせない!長ネギの青い部分だけで簡単「ねぎ焼き」

おはようございます!

先日ご紹介したレシピ「ほうれん草ののり和え」は、いかがでしたでしょうか。(お弁当のあと一品にも♪ちょっと大人な「ほうれん草ののり和え」 >> https://asajikan.jp/article/153736

おつまみにもおすすめの一品、ぜひお試しくださいね。

さて、寒くなるにつれて、「長ネギ」が太く甘く、美味しくなってきました。

長ネギといえば、ちょっと困るのが、青い部分の活用方法。風味と香りが強いので、お肉の下茹でやお味噌汁の薬味としても使えますが、なかなかそのタイミングで消費しきれず…。もったいないなぁと思いながら、捨てているという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな長ネギの青い部分だけをたっぷりと使った「ねぎ焼き」をご紹介します!

朝ごはん、お弁当、おやつにおつまみ…と、いろいろなシーンで使える一品だと思います!!簡単なのでぜひ、覚えてくださいね♪

使うのは“青い部分”だけ!長ねぎで簡単「ねぎ焼き」

ねぎ焼き

材料(1枚分)

  • ねぎ(青い部分)   1~2本分
  • (A)卵      1個
  • (A)薄力粉     50g
  • (A)水     40g
  • (A)顆粒和風だし   小さじ1/4
  • (A)塩      ふたつまみ
  • かつおぶし、薄力粉、マヨネーズ       好みで
  • サラダ油       大さじ1

作り方

1) 長ネギの青い部分はよく洗って、小口切りにする。

2) ボウルに(A)を入れてよく混ぜ、(1)も加えてさっと混ぜる。

3) フライパンに油を熱して(2)を流し、中火で中まで火を通す。両面がこんがり色づいたら、好みで中濃ソース、マヨネーズ、かつおぶしをふって完成!

いかがでしたか?材料も少なく、とても簡単!

たんぱく質でボリュームを出したい場合は、ツナ缶を入れたり、焼いた豚バラ肉などをプラスしてもおいしいですよ!

ネギさえ刻んでおけば、忙しい朝にもぴったり!ぜひ、試してみてください(^-^)

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング