BLOG

気恥ずかしい一言、あるある!益田ミリのエッセイ『言えないコトバ』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『言えないコトバ』

人気イラストレーターの益田ミリさんが「言えない一言」についてつづったコミックエッセイ集。「おひや」「おもてなし」「サプライズ」「降りてくる」「元気だけが取り柄です」など、みんながよく使っているのに、ミリさんは口にできない。そのワケは……?


言えないコトバ
著者:益田ミリ
出版社:集英社

言葉に出そうするとムズムズする。こそばゆい。気恥ずかしい。そんなやっかいな言葉ってけっこうあります。

益田ミリさんの「言えないコトバ」のひとつは、おひやください。家では水と呼んでいるものを、外で「おひや」とよそいきの名前に言い換えるのがなんとなく照れくさい。

自分のキャラクターに合わないとか、世代によって使わないとか、言えない理由はいろいろあるけれど、ミリさんは「気恥ずかしさ」にとくにとまどいを感じてしまうのかもしれません。カフェより喫茶店、スイーツより甘い物。パン屋さんで「バゲット」の一言が照れくさくて、他のパンを買った経験もあるそうです。

「あの人ってつかえない」「あの人、痛いよね」……。こういう一言は軽々しく言いたくないというミリさん。言えないというより、あえて言わない言葉にも共感します。

ふだんの会話のなかの一言がますます気になる、もっと面白くなる一冊です。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング