食中毒予防!傷みにくい「おべんとうの副菜」レシピ6選

だんだん気温が上がってくるこれからの季節。お弁当や作り置きおかずの腐敗、食中毒が気になってきますよね。

食品の傷みを防ぐためには、気温の高いところに保管しないのはもちろん、しっかり火を通したり、水分の多い素材を避ける、殺菌・防腐効果のあるスパイスを利用するなどが有効です。

今日は、気温が上がる春夏でも傷みにくい、「水分が出にくい」お弁当のおかずレシピをご紹介します♪

彩りも◎「絹さやとベーコンの黒コショウ炒め」

即席簡単料理~☆絹さやとベーコンの黒コショウ炒め by:エリオットゆかりさん

細切りにした絹さやとベーコンを炒めるだけとカンタンだから、もう一品ほしいときにサッと作れてすっごく便利!

ベーコンからでる旨みで深みのある味に仕上がるから、味つけはシンプルに塩こしょうのみでOK。

ベーコンを炒めるときに、弱火でゆっくりカリカリになるまで加熱することがおいしさのポイントだそうですよ♪

(即席簡単料理~☆絹さやとベーコンの黒コショウ炒め by:エリオットゆかりさん)

詳しいレシピをチェック>>

魅惑の味♪「インゲンとドライフルーツのソテー」

インゲンとドライフルーツのソテー by:kayさん

ビタミン・ミネラルや食物繊維がぎゅっと詰まったナッツやドライフルーツと、いんげんをバターで炒めた、ほんのり甘くて箸休めになる一品。

ドライフルーツやナッツはそのまま食べてもおいしいけど、料理に入れると一層おいしくなるうえ、目先もかわって一石二鳥。

から揚げやハンバーグといったお肉がメインのときや、カレー味のおかずにあわせると、意外なおいしさに驚くはず☆

(インゲンとドライフルーツのソテー by:kayさん)

詳しいレシピをチェック>>

スパイシー☆「カレー風味のアスパラベーコン」

カレー風味のアスパラベーコン♪お弁当に☆ by:kaana57さん

アスパラをベーコンで巻いたお弁当の定番おかずを、カレー粉で味つけすることでいつもの味にひと工夫!

コクのあるベーコンに食欲をそそるスパイシーな香り加わっておいしさアップ!ごはんがすすむおかずです。

大人も子供も大好きなカレー味は、いつものお料理をぐ~んとおいしくしてくれる万能スパイスですね♪

(カレー風味のアスパラベーコン♪お弁当に☆ by:kaana57さん)

詳しいレシピをチェック>>

シャキッ☆「蓮根とベーコンのオリーブオイル炒め」

簡単☆蓮根とベーコンのオリーブオイル炒め by:kaana57さん

れんこんとベーコンを炒めるだけの、とっても簡単に作れるおかずです。

シャキシャキとした歯触りのれんこんと、 コクのあるベーコンの組み合わせがおいしくてお箸がとまらないっ!

ベーコンから出る旨味をれんこんに馴染ませるように炒めると、れんこんが旨みを吸って美味しく仕上がるそうですよ☆

(簡単☆蓮根とベーコンのオリーブオイル炒め by:kaana57さん)

詳しいレシピをチェック>>

サクッと美味♪「ブロッコリーのマヨネーズフリッター」

ブロッコリーのマヨネーズフリッター by:高羽ゆきさん

レンチンしたブロッコリーにマヨネーズと片栗粉を混ぜたカンタン衣をつけて、カラリと揚げた手軽なフリッター。

衣に使用するたまごをマヨネーズに代えると、衣の中の水分を残さずに揚げることができるため、サクっと軽い口あたりに♪

ブロッコリーに含まれるビタミンやあまみを衣がしっかり閉じこめてくれるから冷めてもおいしく、栄養価もキープしてくれるのがうれしいですね☆

(ブロッコリーのマヨネーズフリッター by:高羽ゆきさん)

詳しいレシピをチェック>>

自然のあまみ♪「人参のシンプル蒸し炒め」

人参のシンプル蒸し炒め by:まんまるらあてさん

にんじんを塩こしょうで炒めただけの、シンプルなレシピ。

蒸し焼きにすることでやわらかくほんのり甘い味は、洋風のおかずにも和風のおかずにもぴったり!メインのおかずの邪魔することなく、つややかなオレンジ色でお弁当がパッと明るい印象にしてくれる効果も♪

ハンバーグやソテーなどのおかずといっしょに詰めると相性抜群!お弁当の隙間をうめるおかずとして常備しておくと便利ですよ☆

(人参のシンプル蒸し炒め by:まんまるらあてさん)

詳しいレシピをチェック>>

6つのおかずレシピはいかがでしたか?

食中毒を防止するには、風通しのよい場所に置いたり保冷剤をつけることも忘れないでくださいね♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング