すりおろすだけで簡単!あったかヘルシー「にんじんオニオンスープ」

 

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

今日のレシピは、すりおろすだかけで簡単にできる、野菜たっぷりのスープレシピです。これなら朝から手軽に、野菜を食べられます。にんじんの食物繊維、バターの脂質、卵のタンパク質で栄養バランスもばっちり。ぜひおためしください。

★DSC_1054

にんじんは年中見かけるので、あまり旬は意識しないと思いますが、西洋ニンジンは秋のが甘味ものっておいしい時期です。免疫力を高めたり、皮膚や細胞を作るベータカロテン、食物繊維も豊富なので積極的に食べたい野菜です。

ビタミンA(ベータカロテン)は脂溶性なので、油と一緒に摂ると吸収がアップします。今回はバターで炒めてコクも出しています。

皮と思ってむいているところにこそ栄養があるのでそのまま食べるのがベスト。にんじんの皮は本当はとても薄い膜で、出荷の時に洗浄するタイミングでむかれています。だからにんじんは丸ごと食べるのがおすすめです。

DSC_1082

すりおろすだけで簡単!野菜たっぷり「にんじんオニオンスープ」

★DSC_1039

材料(2人分)

  • にんじん 1本
  • タマネギ 小さい1/2個
  • 卵 1個
  • バター 10g
  • 水 2カップ
  • 顆粒コンソメ 小さじ1/2

作り方

1) よく洗ったにんじんを丸ごと(皮ごと)すりおろし、タマネギを薄切りにしてさらに長さを半分にカットする。

★DSC_1041

(急ぐ時は、タマネギを電子レンジで1分加熱しておくと時短になります)

2) タマネギをバターで炒め、透き通ってしんなりさせたらにんじんを加え、さらに炒める。

★DSC_1043

(にんじんの色が変わるくらい2~3分程炒めて)

3) 水と顆粒コンソメを加えて沸騰したら火を止めて、溶き卵を加えてさっと混ぜる。
★DSC_1046

★DSC_1057

ポイント

  • にんじは丸ごとすりおろすこと。これで栄養を失わずに摂ることができます。
  • にんじんの脂溶性のビタミンを効率よく吸収するために、バターで炒めて火をしっかり通してから、水を加えて。
  • 溶き卵は、沸騰したところに入れるのではなく、火を止めてから加えるようにして。
  • トッピングにお好みでスプラウト、あさつき、パセリなどを乗せて。(今回はヨーグルトとアルファルファをのせています)

Text & Photo:Noriko Yanagisawa

☆この連載は<毎週月曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

簡単ヘルシー♪3行レシピの野菜朝ごはん

野菜ソムリエ&フードコーディネーターに教わる野菜朝ごはんの3行レシピ♪
Written by

柳沢 紀子

フードコーディネーター、野菜ソムリエ、オーガニックフードソムリエ。
日本・シンガポール在住。レシピ開発や商品開発、食品のマーケティングに携わる。野菜ソムリエの資格を活かし、旬の食材を使った季節感のあるレシピを提案。ママ向けのサービス立ち上げや、自身の経験を活かしたママや子ども向けの提案も行っている。現在、忙しいママ向けの離乳食本の準備中。海外生活の経験から、日本だけでなく海外のトレンドも取り入れることが得意。海外のフード情報やトレンドを発信するライターとしても活躍。Women’s Health日本版にて連載中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング