3行レシピで簡単!野菜たっぷり「スクランブルエッグ」コツとレシピ

 

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

8月から新しく、野菜を使った3行レシピの朝ごはんを連載でお届けすることになりました。

毎週月曜日に更新予定で、朝ごはんにおすすめの、簡単な野菜レシピをバリエーション豊かにお届けしたいと思っていますので、ぜひご覧くださいね。(柳沢紀子さんの朝美人インタビューはこちら >> https://asajikan.jp/article/128502

さて、第1回目の今日は、朝ごはんの定番食材、卵と夏野菜の「ナス」「トマト」を使ったスクランブルエッグです。卵だけでなく野菜を2種類使うことで、ボリュームもアップします。

★DSC_0139

「ナス」の特徴と選びかた

ナスは、その成分のほとんどが水分ですが、カリウムが豊富な旬の野菜。油と相性がいいので、グレープシードオイルなどの良質な油を使って炒めるのがおすすめです。

ナスを選ぶときは、紫がきれいなもので、光るくらいのツヤがあるものを選んで。ヘタがピンととがっていることも新鮮さの証です。

切ったときの断面の様子は、熟し度合いによって違います。熟すと黒っぽくなります。

では、そんな「ナス」とトマトをつかったスクランブルエッグの3行レシピをご紹介します。

ナスとトマトのスクランブルエッグ

★DSC_0135

材料(1人分)

  • 卵 2個
  • トマト 1個
  • ナス 1個
  • 油 小さじ2
  • マヨネーズ 小さじ1
  • 塩コショウ 適量

★DSC_0122

作り方

1) トマトとナスを角切りにして、ナスに塩を振ってから、ナス、トマトの順に油で炒め、お皿に取り出しておく。

★DSC_0123 (2)

2) 卵とマヨネーズをよく混ぜ合わせて(1)のフライパンに入れ、炒り卵を作る。

3) (2)のフライパンに(1)を戻して炒り卵と混ぜ、塩コショウで味つけする。

0139

ポイント

ナスを炒める時は油を一気に入れると全部吸ってしまうので、少しずつ炒めながら入れて

ナスとトマトを炒めたものと炒り卵を別々に作り最後に混ぜ合わせることで、ナスの卵への色移りを防げて、きれいに仕上がります。

Text & Photo:Noriko Yanagisawa

☆この連載は<毎週月曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

簡単ヘルシー♪3行レシピの野菜朝ごはん

野菜ソムリエ&フードコーディネーターに教わる野菜朝ごはんの3行レシピ♪
Written by

柳沢 紀子

フードコーディネーター、野菜ソムリエ、オーガニックフードソムリエ。
日本・シンガポール在住。レシピ開発や商品開発、食品のマーケティングに携わる。野菜ソムリエの資格を活かし、旬の食材を使った季節感のあるレシピを提案。ママ向けのサービス立ち上げや、自身の経験を活かしたママや子ども向けの提案も行っている。現在、忙しいママ向けの離乳食本の準備中。海外生活の経験から、日本だけでなく海外のトレンドも取り入れることが得意。海外のフード情報やトレンドを発信するライターとしても活躍。Women’s Health日本版にて連載中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング