コツを知れば失敗なし!とろ~り食感がおいしい「基本のポーチドエッグ」

 

おはようございます!

先日の和トースト(すぐできちゃう!材料少しでカンタン「和トースト」レシピ3種 >> https://asajikan.jp/article/120861)、いかがでしたか?少ない材料でとても作りやすいですよ。是非、お試しください~

さて今日は、たまご料理の中でも少しハードルが高い…?と思われがちな「ポーチドエッグ」の作り方をご紹介します。トーストやサラダにのせるとぐーんと特別感が増しますよ。

春野菜のサラダがおいしくなる季節にマスターしてみてください♪

基本の「ポーチドエッグ」の作り方

DSC_021

材料

  • 卵 作りたい個数
  • 塩 1リットルの湯に対して小さじ1弱
  • 酢 1リットルの湯に対して大さじ2強

作り方

1) 卵はお茶碗や小さなボウルなどの容器にあらかじめ割っておきます。

2) 鍋にお湯を沸かし、酢と塩を加えます。※酢には白身を固まらせる凝固能力があるので必ず入れましょう。

3) 菜箸やお玉で鍋の中をよく混ぜて渦をつくり、優しく卵を流します。

DSC_0217-01

DSC_0219-01

卵を入れてから1分ほど、今度は優しくゆっくりと箸で鍋の縁を沿うように混ぜます。

DSC_0222-01

4) さらに1分ほど加熱して、ペーパータオルをしいたお皿にお玉などを使って取り出して水気を切ります。

春野菜をふんだんに使ったグリーンサラダにのせてどうぞ♪

DSC_0238-01

グリーンサラダは、今回はクレソン・茹でたスナップえんどう・アスパラを使いました!ドレッシングは、以前ご紹介したカレー風味のヨーグルトドレッシング(マンネリ解消!混ぜるだけで簡単「手作りドレッシング」3種類 >> https://asajikan.jp/article/118973)のカレーをぬいたものです!

カリっと焼いたトーストと生ハムを添えるとボリューム感が増しますよ。

ポーチドエッグがあるだけでプレートが華やかになりますよね!慣れると簡単なのでぜひマスターしてみてください(^-^)/

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング