インフルエンザのウィルスに勝つために毎朝食べたいもの6つ

朝の気温が一層冷え込んできましたね。暦の上でもいよいよ立冬を迎え、本格的な冬の寒さが訪れるのと同時に、色々なウィルスが猛威を振るい始める時期でもあります。

今年は、例年より2か月も早く、インフルが流行期入りしたとか!予防接種をしていない人はもちろん、している人でも、免疫力を高めて、ウィルスの感染を抑えたいですよね。

そこで今回は、風邪やインフルが流行るこの時期に覚えておきたい、細胞を元気にして免疫力を高めてくれる食材をご紹介します。

毎朝食べたい!免疫力を高めてくれる食材6つ

【1】レモンなどの柑橘類

SN024_L

レモンをはじめとする柑橘類に、は免疫力アップ、風邪の予防に効果的なビタミンCが豊富なだけでなく、呼吸器の働きを助けたり、喉の粘膜を強くする効果も認められています。

朝は1杯のホットレモンから始めてみてはいかがでしょうか?!はちみつ、生姜を加えれば代謝もアップしてからだもぽかぽか温まります♪

【2】卵

FL150_L

朝食に定番の卵は、体内の免疫システムに重要なビタミンA、たんぱく質、鉄分を豊富に含む、とっても優秀な食材の1つ!ビタミンAの強い抗酸化力で、細胞が体内でさまざまな細菌やウィルスと戦うのを助けてくれます。

【3】赤身肉

FL196_L

は、体内で免疫システムが正常に働くように、その機能を維持してくれます。鉄分の補給には、吸収率の高いヘム鉄を豊富に含む牛や豚の赤身肉を、週2~3回食べるのがベスト!

朝食や休日のブランチに、赤身肉のミートボールやミートソース、ハンバーガーやローストビーフサンドなどを摂り入れてみて!お肉を避けたい、という方は鉄分豊富なナッツ類や豆類、緑黄色野菜などをたっぷり摂るようにしてください。

【4】全粒穀物

オーツ麦、ライ麦、玄米や全粒粉のパンやシリアルなどの全粒穀物には体内で免疫システムを活性化してくれるビタミンB群が豊富。ウィルスがからだに侵入した際、免疫システムを機能的に働かせてウィルスを撃退するのを助けます。

朝食には、全粒粉入りのパンやシリアル、玄米ご飯を用意しておくと良さそうですね!

【5】シーフード

イカやエビ、ホタテなどの魚介類に豊富に含まれる亜鉛白血球の機能を高め、体内に細菌やウィルスが侵入した際、白血球がそれらを取り囲み撃退するのを助けます。

朝は冷凍シーフードミックスを活用したピラフやカレー、パスタなどの時短レシピを活用すると◎!

【6】ナッツ(種子)類

ハニーナッツ_江口_20160602_Fotolia_88624922_Subscription_Monthly_M

オメガ3系脂肪酸や抗酸化力が豊富なナッツ類は体内の免疫システムをサポートするだけでなく、他のビタミンやミネラルが持つ機能を高めてくれる効果があります。

朝食のシリアルやサラダ、スープ、ヨーグルトなど何でもOK。くるみやアーモンド、かぼちゃやひまわりの種などをトッピングしましょう!


いかがでしたか?風邪やインフルなどのウィルスは食べて予防!しっかり免疫力をアップして、ウィルスに負けないからだ作りをしていきましょう。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターのビューティー習慣

食事、生活習慣が変わる!美肌食マイスターが教えるビューティー習慣
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング