日中の乾燥ストップ!秋冬の「うるおいキープメイク術」3つ

 

make-up-1209798_960_720

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

キッチンで洗ったふきんがすぐに乾くようになりました。今の季節は、それだけ「空気が乾燥している」証拠!ふきんと同じように、時間が経つにつれて、メイクしたお肌もどんどん乾燥していってしまいます

今回は、秋冬におすすめの「乾燥しにくいメイクのコツ」をご紹介します。

【うるおいキープメイク術その1】ファンデーションはリキッドかクリームを

4c8e21b0a0e255732c5541f8d08d8d9c_s

ファンデーションにはパウダーかリキッドの2種類しかない、そう思っている方もいるかもしれませんが、実際は大きく分けて5種類あります。パウダー、リキッドの他にはクリーム、スティック、エマルジョンがあります。

この中で一番肌が乾燥しにくいのは、クリームタイプのファンデーション。カバー力もあり、保湿効果が高いので、シミやそばかすなどの気になる悩みをカバーしつつ、肌を乾燥から守ってくれます。

パウダーファンデーションは手軽ですが、乾燥が気になる方は、クリームタイプ、またはリキッドタイプがおすすめです。

【うるおいキープメイク術その2】保湿ファンデを自分で作る

8b727526e9514d45c476219066b8a9e6_s

秋になると、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿美容成分の入ったファンデーションが売れるようになります。様々なブランドから、スキンケア効果の高いファンデーションが発売されていますよね。

そういったファンデーションを使うのもおすすめですが、手持ちのファンデーションに保湿美容液を混ぜても。クリームまたはリキッドファンデを手の甲に取り、普段お使いの保湿美容液を数滴混ぜ合わせるだけ。簡単に保湿ファンデを自分で作ることができますので、ぜひ試してみて下さいね。

【うるおいキープメイク術その3】クリームチークで潤いをキープ

f5b2142927773910344fef70435008f6_s

ファンデーションと同様、チークにも種類があります。一番ポピュラーなパウダータイプの他に、クリームタイプ、リキッドタイプと大きく分けて3種類。パウダータイプは乾燥しやすいので、乾燥しがちな肌にはクリームタイプのチークがおすすめ。

保湿効果を重視したものや、肌に優しいオーガニックのものがあります。クリーム、またはリキッドタイプのファンデーションをつけたら、クリームチークを上から指でなじませます。クリームチークの場合、フェイスパウダーは最後にのせます。パウダーの上からクリームチークを付けると、よれてしまいますのでご注意を。

この3つのメイク術のほか、時間が経っても肌を乾燥させないためには、メイク前のスキンケアも重要です。

化粧水はたっぷりと付けて、その後に保湿用美容液、クリームまでしっかりとなじませておきましょう。特に乾燥する目元にはアイクリームを付けておきます。アイクリームは、乾燥やほうれい線が気になる口元にも使えます。夜だけでなく、朝のメイク前にもしっかりと保湿をしておくことが、潤いをキープするポイントです。

この記事を忘れずに保存しておきたい!そんなあなたは「お気に入りクリップ」機能が使えてベンリなiPhoneアプリをダウンロード♪http://apple.co/1pWvasG

「朝時間.jp」iPhoneアプリをダウンロード >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング