小松菜のおひたし

★細めで、やわらかい小松菜で作ると美味しいレシピです ★紹介済みの「ほうれん草のおひたし」と素材が違うだけの簡単レシピです。 ★「小松菜」を茹でて、「醤油を入れただし汁」に浸けるだけです。 ★しっかり食べたい場合は2人分、小鉢に入れる時は4人分になります。
材料
2人分
  • 【この料理の材料】 (2~4人分)
  • 小松菜 200g
  • 鰹節 適量(トッピング用)
  • 【この料理の浸し汁】 
  • だし汁 100cc(1/2カップ)
  • 醤油 大さじ1
作り方
5〜15分
  • だし汁と醤油をあわせて浸し汁を作ります。 (冷たくても、あたためても、好みで・・・)
  • 茹でた小松菜を3cmくらいに切ります。 (茹で方は下に記載しています。)
  • だし汁と醤油をあわせた中に小松菜を入れて、あえます。 (できれば、食卓に出す直前に)
  • 器に入れて、鰹節をトッピングすれば、出来上がりです。
  • 【(参考に)小松菜の茹で方】 【1】鍋にたっぷりの水を入れ、湯を沸かします。 【2】小松菜はよく洗い、根がついている場合は切り落とします。均一に火が通るように、根元に十文字の切り込みを入れます。 (小松菜は根元の内側に土がついている場合があるので、よく洗って下さい) 【3】鍋の湯が沸騰したら、ひとつまみの塩を入れて、葉の部分をまとめて持ち、固めの根元を先に茹でます。 一息置いてから、やわらかい葉の部分を湯にいれます。 箸で上下を返して、根元で茹で加減を見ます。 シャキシャキ感が残るくらいで、火を止めます。 【4】箸で小松菜を押さえながら、鍋の湯を捨てます。鍋に水道水を入れながら、流水で手早くさまします。 【5】根元をそろえて持ち、葉先の方へ向かって握るようにして、水気を絞ります。
ワンポイントアドバイス
☆小松菜を購入する場合は、1わで、200g~350g(400g)です。 ☆小松菜はまとめて茹でて、残った場合は、他の料理に使ったり、冷凍したりしています。 ☆だし汁は濃い目が美味しいです。 ☆浸し汁は、実際には全部食べる訳ではなくて、直前にあえますので、器に半分くらいは残ります。
レシピの投稿方法:姉妹サイト「レシピブログ」に会員登録の上、レシピ投稿の際に「レシピテーマ」で「朝ごはん」にチェックを付けて投稿されたものは朝時間.jpにも表示されます。

このレシピを投稿した人
Nice to meet you!

パンジーAさんのレシピ(7件)

みんなの朝時間.jpツイート