美肌&お腹スッキリ!朝の「腸」を刺激する4つの方法

 

IMG_5124

こんにちは!キレイナビ代表・美容家やの飯塚美香です。

の状態を良くすることは、美肌作りや便秘改善、冷え性改善など様々な美容健康効果が期待できます。おすすめは、朝に腸をほどよく刺激すること。体内時計が正常になり、1日の自律神経のリズムを整えられます。

今回は、朝の「腸」を刺激する4つの方法をご紹介します。

目覚めたらすぐにコップ1杯の水分を摂る

IMG_5125

目覚めたら、すぐにコップ1杯の水分を摂りましょう。冷たくない常温のお水、青汁、豆乳、牛乳、トマトジュースがおすすめです。

水分が胃に入ることで、大腸の上部が刺激されます。そして、腸がぜん動をはじめてスムーズなお通じにつながります。

少しの水分ですと腸を刺激できません。だいたい200mlくらいを目安に、ぐいっと一気に飲み干すようにしましょう。便通を良くすることは、腸内環境を整える基本。起床後の水分一気飲みを習慣化させるとよいですね。

 オイルで便の滑りを良くする!

SONY DSC

「水分一気飲み」と合わせて実践したいのが、朝にスプーン2杯程度のオイルを摂ること。

腸に届いたオイルが便をコーティングして滑りを良くし、スムーズな排便を促しでくれます。オイルをそのまま飲んでもよいですし、サラダにかけて食べれば食物繊維も合わせて摂れ、より効果的です。

おすすめのオイルはアマニオイルとエゴマ油。この2つは加熱せずに摂ることで栄養を吸収できるので、サラダにそのままかけるのにぴったり。他にはオリーブオイルもよいでしょう。

朝食にはヨーグルトにフルーツ

yogurt-1081134_960_720

朝の腸をほどよく刺激するには、朝食は抜かずに腹6~8分目を目安にきちんと摂ることが大切です。満腹になってしまうと、腸に負担をかけてしまいます。朝食は食べ過ぎにご注意を。

そして、乳酸菌と食物繊維で腸内環境を整えることを意識しましょう。ヨーグルトにフルーツを入れて食べれば、乳酸菌と食物繊維を同時に補えます。フルーツはキウイ、りんご、バナナなど食物繊維が豊富なものを選びましょう。

ウエストひねりで朝の腸を刺激する

021af9d209c5af7a67d0f9250bd18294_s

4つめの腸刺激方法は、ウエストひねりです。腸はウエストをひねることで、直接的に刺激を加えることができます。立ち上がり、ラジオ体操のように、両腕をぶらんぶらんと、左右の腰の後ろに回す。腰に両手を添えてウエストをひねる。ベッドで横になったまま、両膝を立てて左右に倒す。

分に合った方法で構いませんので、ウエストをひねって腸を刺激してみましょう。続ければお腹周りの引き締めにも効果的です。

朝の腸をほどよく刺激すると、体も心もスッキリ。1日を気持ち良くスタートできます。4つ全ての方法を実践できなくても、どれか1つ朝の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング