[あしたの朝ごはん]第13話:話してみれば

 

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。第2週は「おにぎりに恋をして」。

枕を抱いて不安なきもちの女性_江口_20151009_Fotolia_90725738_Subscription_Monthly_M

第13話:話してみれば

これまでのストーリーはこちら >>

(第2週:おにぎりに恋をして)

ヨンヒちゃんは黒い前髪を一直線にそろえた、色の白い気弱そうな女の子だった。部屋着とみられる灰色のパーカーを着て、化粧っけのない顔をしている。

若さのせいかシミ一つないゆで卵のような肌。陽の光にあたっていないもやしの白を思い出させた。背景には嵐のポスターが貼られていて、角が少し取れてはがれかけていた。

黒縁のメガネの奥に光る黒い目がくるくると動いたと思うと、みるみる涙がせり上がった。

「おばさん、ゴメンナサイ」

ヨンヒちゃんががっくりとうなだれた。「ワタシ、ドウシタライイカ、ワカラナクナッテ、ルスバンシテマシタ」

「留守番?」。わたしが言った。

「マイニチ、イエデ、インターネットシテ、ダレニモアワナイデ」

「あー、引きこもりね」。ハルコさんがすかさず突っ込みを入れた。

「ソウデスカ、ヒキコモリ、ヒキコモリ……、ニヒキノコウモリ?」

ハルコさんが、画面におにぎりを映して言った。

「これ、ヨンヒちゃんが植えて行ったエゴマから採れた種で作ったんよ。去年の春に植えたエゴマが種になったよ」

「すごくおいしいです。ヨンヒちゃん、ありがとう」とわたしは言った。

「オニギリニタネ。スゴイデス!」

「たくさん種がとれたから、今年もつくろうかって話してるの。わたすらみんな、待ってるよ。ヨンヒちゃん、帰っておいで。韓国料理、教えてちょうだいや」

画面いっぱいにヨンヒちゃんのメガネが映った。

近いっ!と驚いた瞬間、画面が真っ黒になった。ヨンヒちゃんはカメラに向かって頭を下げたらしい。

「……ハイ、カエリマス。スミマセンデシタ」

ヨンヒちゃんが机に両手を勢い良くつくと、カメラが小刻みに揺れた。

「オンマー!(お母さん)××××××」

叫びながら立ち上がり、転がるように奥に映っていたドアを開けて部屋を出て行った。

嵐のポスターの下には、日に焼けた光GENJIのポスターが貼られていた。ハルコさんとわたしは、思わず目を合わせて吹き出した。

「あの子の部屋、そのままにしてあるから。掃除せにゃいかんわ。ああ、忙しい」

前田さんは、やれやれとため息をつきながらも、ほっとした顔でお茶を飲んだ。

「ねえちゃん、もう行くわ」

ケイさんが四角いリュックサックを担いで言った。そうだ、まだ挨拶していなかった。

「あのう、波多野莉子っていいます。カフェあしたに通い始めてまだ2ヶ月もたたないんですけど」

恐る恐る話しかけてみる。

「あなた、どうしてパソコンを持ち歩いてるの」

「あ、これは。一応、ライターだからです。フリーでライターしてます」

やや考えるような間。次の言葉を探して言葉を飲み込んでいると、ハルコさんが助け舟を出した。

「莉子ちゃん、ごめんね。うちの妹ってば効率主義、思ったら一直線で。我が家ではアルゴリズム女って呼ばれてるのよ。長所にして短所なのよねえ」

い、妹……?

(明日の朝につづく)

今日のおすすめレシピ「意外な美味しさ♪チーズおかかおにぎり」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

eb4bfbf1efd11fc19f52feeb3924a0ddc4610f13.400x0.none

今日のお話のエンディング…ちょっと意外な展開に、びっくりした方も多いのでは!?ということで今日は、意外な組み合わせだけどとってもおいしい、アレンジおにぎりレシピをご紹介します♪

意外な美味しさ♪チーズおかかおにぎり」(by:高羽ゆき(handmadecafe)さん )

レシピはこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング