BLOG

いまあらためて読みたい、向田邦子の名エッセイ集『夜中の薔薇』

 

今日のカフェボンボンの本棚は、『夜中の薔薇』

美味しいもの、旅の記憶、男と女、自身の生き方、病いのこと、日々の暮らし。心の機微にふれる文章が胸に迫ります。向田邦子が遺した最後のエッセイ集、新装版です。

20160229
新装版 夜中の薔薇
著者:向田邦子
出版社:講談社

著者が子どもの頃、ワインはまだ葡萄酒だった。赤ワインをほんの少し飲み、足袋を脱いで笑い上戸になったお母さん。子どもたちは「そういう母を、ちょっと綺麗だなと思い、浮き浮きした気分で」見ていた。

やがて葡萄酒はワインとなったけれど、赤い液体の妖しさにまだ固くなってしまう。そんな向田さんは、いくら飲んでも美しい酒のひとだったそうです。

外国から帰ってまっ先に作るのはきまって海苔弁。それから肉のしょうが煮と塩焼き卵。このおかずの原点は子どもの時分のお弁当……。

ひとりの食卓にももてなしの手料理にも、懐かしさとせつなさが入り混じる。最後の晩餐に食べたいごちそうもじつに著者らしいのです。

向田邦子の「朝時間」は、おみおつけの実を刻む母の包丁の音。リズミカルな音のあとにはかつお節の匂いと味噌の香りのする朝です。

Love, まっこリ〜ナ

***

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング