その日の気分を左右する「朝の洋服選び」を、色でもっと楽しむコツ

 

GK023_72A

『朝の洋服選び』

 

朝の洋服選びで、1日が大きく変わる

「何を着ようかな?」

とクローゼットの中を見てワクワクするか、

「何着ていこう……」

と時計を見ながらヒヤヒヤするか。

朝の洋服バトル。みなさんも一度は経験があるのではありませんか?シャワーも浴びて、ストレッチして、朝食も食べて、いざ着替え!と思ってクローゼットを開けると気分はどんより。さっきまで朝時間を優雅に過ごしていたはずなのに、なぜか服を選ぶ時間になると憂鬱になってしまう。

もちろん嬉しい時もあります。ただこういう時は大抵前日から着る服が決まっています買ったばかりの新しい服を着る時、似合っているとわかっている服を着る時は「どれにしよう……」と悩むことなくスムーズに服に袖をとおすことができます。当然着替え時間もあっという間。時間に余裕があれば、全身鏡で色やスタイルのトータルコーディネートチェックまでしっかり出来ます。

洋服選びが吉とでるか凶とでるかで、女性の1日は大きく変わってきてしまうというわけです。

 

1日の「最初の仕事」。洋服を楽しく選ぶコツは?

每日スーツという人は、ひとまずインナーだけを変えればすむので比較的簡単でしょう。ですが、トップスもボトムスもぜんぶ自分で組合せなくてはならない人にとっては、朝から頭を使わなくてはなりません。

その日の服選びは、朝時間の中でも実はとても大切なこと。その日一日どんな服装で過ごすかで、気持ちよく過ごすのか、憂鬱のまま過ごすのかが決まってきます。どうせなら気分よく過ごしたい。誰もがそう思っていることでしょう。

朝の洋服選びは、最初の仕事だと思ってみてください。最初の仕事で手を抜けば、後に何処かで躓いてしまいますよね?

そうならないためにも、朝の服選びをもっと楽しくできるようにしなくてはなりません。

そんな時、おすすめしたいのがクローゼットの色分けです。ジャケットはジャケット、スカートはスカートといった風にアイテムごとにわけるのではなく、色ごとに並べ替えるというものです。青のセーター、青のブラウス、青のワンピースといった具合に色ごとにクローゼットを整理します。こうすることでいつも同じ組合せといったことが減ってくる上に、色の組合せをアレコレ考えることで脳も鍛えられます。中にはこのクローゼットの色分けをした途端、自分の服に色がほとんどないということに気付く人もいます。

どんな色とどんな色とが合うかを考えることは、まるで料理のレシピを考えるようなもの。忙しい朝に行う作業としては酷なものかもしれません。ですが、いやいやではなく楽しく行えば、ちっとも苦にはなりません

色を使ってクローゼットの整理をすれば、頭の整理もできて一石二鳥。早速今夜クローゼットと向き合ってみてください。きっと今の自分のことがよくわかりますよ。

 
この記事が気に入ったら
いいね!してね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝に魔法をかける”色”の使い方[連載終了・全12回]

なんでもない朝時間を、“色の魔法”でステキに変える方法[連載終了・全12回]
Written by

七江亜紀

色のひと ®
カラーキューレーター ®
株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基 準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。
企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフ スタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなもの の価値向上を図る。
また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。
既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング