【スペシャルゲスト】朝ランでむくみスッキリ!平井理央さんの朝習慣

 

DSCF2170

平井理央さんの朝美人インタビュー

平井さんにとって朝時間とは?

フジテレビに在籍していた頃は、夜の番組を担当していたので早朝3時に帰宅して、4時に寝て、起きるのが昼12時くらい。7年間くらい朝ごはんを食べる生活をしていませんでした。

退社してから、朝の楽しみを久しぶりに思い出しました。朝ごはんを食べることで身体にスイッチが入ること、走ることで体を目覚めさせること。朝日を浴びて気持ちよく目覚めることで一日を有効活用できることを感じています。

朝ごはんは何を食べますか?

簡単なものが多いです。おむすびとお味噌汁に、だいたいグリーンスムージーを作っています。といっても、家に残っている野菜をミキサーにかける感じです。今日はグリーンが無かったので(笑)、人参、トマト、バナナの甘いスムージーでした。
外食では洋食も中華も、いろいろいただきますが、家で作るご飯はほとんど和食です。

健康を意識してやってることは?

走ることです。カラダのポンプがちゃんと動いて、血流が良くなります。むくみ体質なんですが、朝走ると顔もスッキリしてむくみがとれるので、収録や撮影がある日は軽く30分くらい走って、汗を流してから仕事に行くこともあります。

もともとズボラな性格なのでジムに行って走るというよりは、靴を履いて玄関を開けたらすぐに走り出せる、というランニングの手軽さが続けられている理由です。朝は7時~8時台とか、気持ちよく走れる時間帯に走ります。

”わたしだけの朝のお楽しみ”を教えてください

以前、登山家の野口健さんに「朝必ず外の景色を見る、朝日を浴びることが体にとって良いこと」と聞いて以来、家のリビングのカーテンを開ける瞬間を楽しみにしています。カーテンと窓を開けて”外の空気を感じること”は、気持ちが切り替わるワンアクションです。

平井理央

Profile

1982年11月15日生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、05年にフジテレビ入社。2年目から「すぽると!」のキャスターを務め、主にスポーツ報道に携わる。オリンピックなど国際大会の現地中継でも活躍。13年より、フリーで活動中。

公式サイトはこちら>>

 

平井さんの最新刊は、ランニング生活を綴った「楽しく、走る。」

自称”ズボラ”な平井さんが、2014年に参加したニューヨークシティマラソンの完走までの1年に渡るトレーニングや、大会参加前の準備、大会にむけての思いなどをつづった著書、「楽しく、走る。」(新潮社)が発売中。

「無理しない。ごほうびを作る。だれかと走る。」 肩に力が入りすぎないランニング生活を、数々の写真と共に紹介されています。

518ReveyG-L

書籍の購入はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング