梅雨を乗り切る!美容食の選び方

 

夏冷えを防ぐ!水分を摂りすぎないススメ

gf0640090674m

気温が高くなり始め、ついつい冷たい飲み物に手を出してしまいますがちょっと待って!梅雨の時期は空気中に水分が多くあるため、余分に摂る必要がないと言われています。

体内の水分が過剰になると「冷え」や「むくみ」に繋がります。その状態で冷房に当たってしまうと冷えはますます悪化していく一方…そのため女性は特に要注意!

水をたくさん飲んで健康を維持しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、それは元々欧米から来た健康法です。

欧米人ほど肉食ではない日本人が、同様に水を大量摂取すると腎臓に負担がかかり水分代謝がうまくいかなくなります。くまが消えない、目の周りが黒ずんでいるというお悩みがある方は腎臓が弱っている証拠です。

これから夏にかけては

1.水分の摂りすぎには注意する
2.常温のものを基本として冷たいものは避ける

夏冷えにお悩みの方はこの2点を心掛けてみてください。

梅雨こそ乾物を食べてパワーチャージ

意外と知られていませんが、梅雨にオススメな食べ物のひとつが「乾物」です。雨が多く太陽が隠れてしまい、日照時間が少ないこの時期。太陽のエネルギーをたっぷり浴びている切り干し大根やわかめ、ひじきなどの乾物をぜひ召し上がるようにしてみてください。

気温が高い日はさっと戻してサラダに、気温が下がり梅雨寒の日には煮物にしてよく煮込んで食べるようにすると身体のバランスがより取りやすくなるとされています。

お料理するのが面倒な時は、お味噌汁にそのまま入れてしまってもOK!保存食として便利な乾物ですが、湿気の多いこれからの時期を越えると一気に傷みが進んでしまいますので、ご自宅にストックがある方はぜひお料理を。

暑い日、疲労回復には梅干を

梅の文字が入っている「梅雨」。季節の変わり目でもあり体調を崩しやすくなりがちですが、そんな時にオススメなのが梅干です。

梅干は殺菌作用がとても強く、お弁当やおにぎりに1つ入れておくだけで食中毒の防止にもなります。

また、梅干に含まれるクエン酸は代謝を促し、疲労回復・胃腸炎・めまい・吐き気・神経疾患などの症状を和らげる効果があるため、今日はちょっと気分が乗らない…なんて日には、ぜひ一粒召し上がってみてください。

塩分が高いため1日1~2粒までにしましょう。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

お肌のための、朝の暮し方

プロが教える、朝のスキンケア術、メイク、美容情報
Written by

スキンケア大学

10年後も美しくありたいと願う女性にとってお肌の悩みはつきないもの、たくさんある情報の中でどれを選んで良いかわからないという方のも多いのでは?そんな方のためにスキンケア大学では、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案します。
連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング