欠点をカバー、長所を生かすワンランク上の眉毛ケア

 

top_image

毎日のメイクとともに、眉毛ケア&メイクもすっかりマンネリ化…いつも同じような形に整えているという方は多いのではないでしょうか?

眉毛には時代によって流行り廃りがありますが、肝心なのは「自分に合っているかどうか」です。雑誌で見たモデルの眉が素敵だからとそのまま真似をしてみたけれど何だかミスマッチ…ということも十分にあり得る話。

こちらでは、顔の特徴や見せたいイメージ沿って、相性のいい眉をいくつかご紹介します。今後の眉毛ケアに、ぜひ取り入れてみて下さい。

  • 眉頭の位置
    ●目が離れている…眉頭を目頭よりも内側からスタートさせることで、両目の距離を近く見せる効果があります。
    ●目が寄っている…眉頭を強調せずぼかす感じが好印象です。眉頭は目頭と同じくらいからスタートさせます。
  • 眉の長さ
    ●鼻の付け根が高い…目が寄って見えやすいので、眉尻を長めに描きます。
    ●鼻の付け根が低い点目が離れて見えやすいので、眉頭側をしっかり描きます。
  • 眉の形によるイメージ
    ●直線型…若々しい、誠実、素朴、といったイメージです。
    ●角型…知的、大人っぽい、思慮深い、といったイメージです。
    ●アーチ型…女性らしい、優しい、エレガント、といったイメージです。
  • 眉の太さによるイメージ
    ●細い…しっかりメイクに高相性です。洗練されたイメージですが、キツイ印象を与えてしまうことも…。
    ●普通…形次第で当たり障りなく、さり気ないイメチェンができます。
    ●太い…大らか、素朴、ナチュラルなイメージですが、一歩間違えると芋っぽい、あるいはバブルのような印象を与えてしまうことも…。

他にも、眉を脱色したり色味を変えたり、細かい形の作り方によって、顔全体の印象はガラッと変わります。眉毛でのイメチェンは手軽にできて効果が大きいですが、顔全体やメイクとのバランスが大切です。

ついつい鏡に顔を近づけてケアしてしまいますが、時々全体とのバランスを確認しながら進めていくのもポイントです。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

お肌のための、朝の暮し方

プロが教える、朝のスキンケア術、メイク、美容情報
Written by

スキンケア大学

10年後も美しくありたいと願う女性にとってお肌の悩みはつきないもの、たくさんある情報の中でどれを選んで良いかわからないという方のも多いのでは?そんな方のためにスキンケア大学では、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案します。
連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング