あめ色に輝くりんごをのせて「キャラメル・シナモン・アップル ミューズリー」

 

muesli.jpg

リンゴの季節到来!ですね。リンゴとくればやっぱりシナモン!アメリカにいた頃、アップルパイやアップルクリスプなどリンゴとシナモンを組み合わせたお菓子に秋の深まりを感じていたのを思い出します。そしてアメリカのドラッグストアーの棚にはシナモンアップルの香りの芳香剤スプレーやキャンドルが常に並んでいたことも思い出します。

今週はリンゴをシナモンと一緒に飴色になるまで煮詰めて、ホットミューズリーにド~ンとのせてみました。トロトロのキャラメルシナモン風味のリンゴと熱々のミューズリーで深まる秋の週末のブランチをどうぞ!

 

「キャラメル・シナモン・アップル ミューズリー」

材料(2人分)

(調理時間30分)
(キャラメルアップル)
    • リンゴ………1個
    • 砂糖………50g
    • シナモン………少々
    • バター………40g
    • 水………150cc

(ホットミューズリー)

  • ミューズリーミックス………1.5cup
  • 水………400cc
  • 牛乳………200cc
  • 砂糖………好みの量
  • 塩………少々

 

作り方

  1. リンゴを半分に割り、スプーンで芯をくり抜く
  2. 鍋に皮面を下にしてリンゴを並べ、砂糖、シナモン、水とバター半量を入れて中弱火で15分煮る
  3. リンゴをひっくり返してさらに10~15分、煮汁が飴色になったところで残りのバターを加えて火を止める
  4. リンゴを煮ている間に別の鍋にミューズリーの材料を合わせて火が通るまで4~5分煮る
  5. 器にホットミューズリー、その上にリンゴをのせて出来上がり (リンゴが非常に熱いので注意)

Enjoy your weekend!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初出:2006年11月2日

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

優雅なるサンデーブランチ

NYスタイルのパワフルおしゃれな満腹ブランチレシピ
Written by

HOMARY

(フードスタイリスト)ニューヨークのパワフル、スタイリッシュな多国籍食文化の中でレストランコーディネイト、数々のテーブルコーディネイトを手がける。帰国後の現在、日本で出来るNY流クッキングを紹介中。NHK文化センター講師。NYスタイル料理教室 TASTY NY主催

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング