こうすればヨレない!簡単きれいな「パウダーファンデ」の塗り方

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

ファンデーションの中でも特に使いやすいのが、パウダーファンデ。軽やかな付け心地で、素肌の「きれい」をぐんと引き立たせてくれます。

しかし、ヨレやすい、厚塗りになる…など、なかなかうまく塗れないという人が多いのも事実。

そこで今回は、簡単なのにきれいに仕上がる「パウダーファンデーションの塗り方」をご紹介します。

保湿力、ツヤ…自分にあうパウダーファンデーションを選ぼう

パウダーファンデーションはずっと「マット」なものが主流でしたが、近頃は、ツヤが出るタイプもたくさんあります。

マキアージュのパフ

乾燥肌の私は、保湿力があるマキアージュの「ドラマティックパウダリー」を使っています。

  • 粒子が細かくなめらかに仕上がる
  • 保湿力がある
  • カバー力があるのに素肌見えする

…などの特長が嬉しい、大人の肌悩みに効くファンデーションです。リフィルにスポンジがついてくるので、スポンジの交換もリフィルを買い替えるたび、定期的にできますよ。

ご自身の肌悩みや、なりたいイメージにあわせてパウダーファンデーションを選んでくださいね。

ヨレない塗り方レッスン【スポンジ編・ブラシ編】

パウダーファンデを塗る前に、下地を塗って、肌をフラットな状態にします。

この時、下地がなじむ前にファンデーションを塗るとヨレや毛穴おちの原因になるので、少し時間を置いて下地をなじませてくださいね。

また、もし部分的な色ムラ(シミや赤み)があれば、下地の後にコンシーラーで補正をしておきましょう。

【1】スポンジで塗る場合

スポンジ

スポンジの半面にファンデーションを取り、顔の広い面(頬やおでこ)から順番に、軽いタッチで塗ります。

強い力で塗ると厚塗りになりやすいので気をつけてくださいね。

次に、スポンジを半分にたたんで、細かい部分(小鼻等)を塗ります。

ブラシ

このあと、小さめのブラシで小鼻周辺の肌をさっとなでると、毛穴落ちを防げます。

最後に、スポンジの何もついてない面を使い、ファンデーションをなじませます。

もちろんスポンジは、常に清潔なものを使ってくださいね。汚れたスポンジを使っていると、仕上がりを左右するだけでなく、ニキビなどの肌トラブルにもなりかねません。洗う目安はスポンジの両面を使ったタイミング(2日に一度)です。

【2】ブラシで塗る場合

ファンデブラシ

ブラシにパウダーファンデーションを取り、手の甲かティッシュペーパーに一度バウンドさせて、余分なパウダーをはらいます。

ブラシの場合は、顔の左半分→右半分→おでこの3回に分けて塗っていきます。広い面積から、軽い力で塗り進めてくださいね。

鼻は、おでこを塗った余りでOK。厚塗りをすればするほど皮脂とファンデーションが混ざり崩れやすくなるので、塗りすぎないよう注意しましょう。

塗りにくい小鼻まわりは、ブラシを持ってない方の手で、小鼻を少し傾けるように押さえれば塗りやすくなりますよ。

なお、メイクブラシは頻繁に洗うと、毛が傷みやすくなります。しかし、夏場は雑菌が増殖しやすいため、優しく汚れを落とせるスプレータイプのクリーナーでこまめにケアするのがおすすめ。

毎日のメイク終わりにスプレーで汚れを落とし、週末は本格的にブラシを洗う…というケアが理想的です。

***

今回は、スポンジまたはブラシを使って、パウダーファンデーションを簡単+きれいに塗るコツをお届けしました。

素肌を格上げしたような肌になれるので、ぜひトライしてみてくださいね♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング