消えない!「まろ眉にならない」簡単アイブロウテクニック

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

朝のメイクできれいに仕上げた眉。午後になると消えかけてしまう人も多いのでは?せっかく描いた眉が、いわゆる「まろ眉」になるとガッカリしますよね。

汗や皮脂でヨレやすい季節になる前に、眉メイクを長持ちさせるテクニックをおさらいしましょう!

【1】油分は徹底オフ!

メイク崩れの原因の1つは、スキンケアに含まれている余分な油分です。

眉メイクに入る前に、油分はしっかりオフしておきましょう。

まず始めに、ティッシュペーパーを眉にそっと押し当てます。次に、フェイスパウダーを眉と眉周辺に塗ります。

フェイスパウダー

フェイスパウダーは、色のついてないもの・皮脂を吸着するタイプだとさらにGood。

付属のパフでも構いませんが、フェイスブラシを使うと薄く均一に塗れます。

【2】落ちにくいアイテムをチョイス

アイブロウアイテムは種類が豊富にあり、迷ってしまいますよね。

自眉の生え方や、なりたい眉毛のイメージによって選ぶアイテムは変わりますが、基本的には描きやすいものを使うのがベストです。

しかし、そのアイテムを使った時にヨレやすいのなら、別のものの方が合うかも知れません。

アイブロウ

汗やこすれに強いのは、リキッドやワックスです。

描いてすぐなら、ぼかしたり修正することもできますよ。

【3】きっちりコートする

眉メイクが長持ちするための仕上げに使うのは、アイブロウコートです。

アイブロウコート

使い方は簡単。眉を描いた後にコート剤を塗るだけです。

アイブロウコートを塗った眉を自然に見せるコツは、薄く・はみ出さないように塗ること

私は初めて使った時、かなり適当に塗ったため、眉のまわりにコート剤がつきテカってしまいました。また、塗る量も多かったので乾くまで少し時間がかかりました。

しかし…効果は抜群!塗ったところはコートされているから、手でこすっても取れにくいんです。

アイブロウコートはあまり目立たない存在ですが、まろ眉になりやすい人はぜひ一度お試しを!

***

今回は「まろ眉にならないアイブロウテクニック」をご紹介しました。

これからの時期は、汗・皮脂、そしてマスクによる湿気も大敵。この記事が眉メイクをキープする参考になればうれしいです♪

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング