低糖質でグルテンフリー!おいしく楽しむ「大豆粉」ダイエット♪

 

おはようございます。朝美人アンバサダーで、ダイエット講師岩瀬結暉です。

ダイエット目的で取り入れる人も多い、グルテンフリーや低糖質の食事法。どちらも、パンケーキやカップケーキなど、甘いものが全く食べられないイメージがありますが…実は、使う食材を選べば、ケーキだってしっかり食べられます。

今回は、グルテンフリー×低糖質の食品「大豆粉」を使ったダイエットごはんをご紹介します。

「大豆粉」って何?

大豆粉

大豆粉は、大豆を生のまま丸ごと粉末にしたもの。大豆のイソフラボン・植物性タンパク質が多く含まれています。

(ちなみに、きな粉は大豆を一度炒ってから粉にしたものなので、大豆粉とは違います)

大豆粉のタンパク質は、小麦粉の4倍、糖質量は1/4程度なので、ダイエット中は小麦粉の代わりに料理に使うと効果的です。

私たちの皮膚や髪の毛、骨や筋肉などの材料となるタンパク質は、意識して摂らないと不足しがちに。大豆粉を上手に使って、ダイエット中のおやつや朝ごはんでタンパク質を摂取しましょう。

「大豆粉パンケーキ」のワンプレート朝食例

「大豆粉パンケーキ」のワンプレート朝食

ほとんどの大豆粉の商品は、パッケージにパンケーキのレシピが掲載されています。

こちらの写真のパンケーキは、掲載レシピ1人前の半量。パンケーキは半分の量にして、他の食材を使い、栄誉バランスのとれた満足感のある朝ごはんにしました。

フルーツ・クリームチーズ・メープルシロップなどをトッピングし、野菜とヨーグルトを足してあります。

使用する商品によって前後しますが、エネルギーは約490cal、タンパク質は約20g、糖質約53gです。

「大豆粉パンケーキ」のワンプレート朝食

こちらも、掲載レシピ1人前の半量。

トッピングはクリームチーズ・メープルシロップ・ナッツ類など。アメリカンブレックファースト風にスクランブルエッグ・ベーコン・野菜を足して、タンパク質多めの朝ごはんに仕上げました。

エネルギー約600cal、タンパク質約32g、糖質約35gくらいです (使用する商品によって前後します)

大豆粉で簡単!「カップケーキ」のレシピ

大豆粉カップケーキ

材料(小さめのカップ型2個分)

  • 大豆粉 15g
  • 卵   1個
  • カカオ72%のチョコレート 50g
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 飾り用のナッツ 適量(なくてもOK)

作り方

大豆粉カップケーキのレシピ

1) チョコレートをみじん切りにする

2) オイルを合わせて、湯せんして溶かす。

3) 卵を溶いて、大豆粉とよく混ぜたものを、溶かしたチョコと合わせる (チョコが冷えると固まるので、手早く)

4) クッキングシートを敷いた型に入れて、ナッツを飾る。(型が無い場合、適当な大きさの耐熱容器などで代用可)

5) 200度に予熱しておいたオーブンで10分ほど焼く。

1個分のカロリー約263kcal、タンパク質約9.5g、糖質約9.5g (使用する商品によって前後します)

しっとりが復活!「パンケーキのヨーグルト漬け」

パンケーキのヨーグルト漬け

パンケーキが余って保存しておくと、パサパサになりがち。特に、大豆粉はグルテンが入っていないため、余計パサつきやすくなります。

そんなときは、パンケーキをちぎってヨーグルトに浸して、冷蔵庫で一晩寝かせて保存してみてください。

フルーツ・ナッツ・蜂蜜をトッピングすれば、おやつにピッタリの一品になりますよ◎

ご質問がございましたら、私のInstagram(@yukinyansa)のダイレクトメッセージにご連絡くださいませ。

☆この連載は【毎週火曜日】更新です。次回もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

しっかり食べても太らない♪朝からはじめるダイエットレッスン

ダイエットインストラクターによる、食事や運動など朝から始められるダイエットレッスンです。
Written by

ダイエットインストラクター岩瀬結暉

たかの友梨ビューティクリニックに20年勤務。 現在はマツエク・ネイル・美容セミナーサロン「お姫さまのまつげ」代表。 食育アドバイザー、生活習慣病予防アドバイザー、日本ダイエット健康協会 食事指導師講師。
HP:https://www.ohimesamanomatsuge.com/
Instagram:@yukinyansa

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング