File 96 岡本友紀さん (鍛冶職人)の朝の過ごし方

 

鍛冶職人 岡本友紀さん

自然と作品が共存する、ゆっくり朝時間

profile

仕事が重労働なので、ゆったり過ごす朝の時間を大切にしています!

プロフィール

パリで街に溶け込む鉄製品の美しさに惹かれ、鉄装飾に興味を持ち始める。その後、広島のカフェで出会った鉄製シャンデリアに一目惚れをし作者の鍛冶職人に弟子入りを志願。現在広島のアトリエを拠点に国内外で活動中。作品のテーマは「軽やかで、しなやかな、鉄」。重力からの解放を感じさせる軽やかで柔らかな表現で、造形の美しさはもちろん、光によって生まれる幻想的な影の美しさにもこだわって制作している。資生堂のCMに出演等、活動は多岐にわたる。
la forgerone:http://forgerone.com/


朝は、起きてまずカーテンを開けて外の景色を眺めることから始まります。
窓をあけると部屋の目の前には広い河川敷と小さな山があり、海まで繋がる川のおかげで空はスコーンと抜けていて気持ちの良い景色が広がっています。その日その日で変わる川の流れや満ち引き、青い空、季節の樹々の彩り、雪などが降る景色等を見て穏やかな1日が始まります。そして朝食を取り、パソコン仕事をすませてからアトリエに向かいます。自宅からアトリエへ向かう毎日のドライブは川沿いと山の中を車で走るのですが、アトリエ近くの最後の坂道からは海と宮島が見えてとても気持ちいいのです。
自然の中を運転するのが好きなので毎日の通勤がとても気持ちがいいです。

 

 


ゆっくりとした時間を取っている事だと思います。
起きてから家を出る前までに2~3時間ぐらい時間を作ります。制作が忙しいときは1時間半から2時間ぐらいでしょうか。慌ただしく準備して過ごすのではなく、ゆっくりと朝の時間を満喫します。メール等のパソコン仕事をしてから出る事も多いので、朝は仕事をしながらのんびり、と言う感じだと思います。普段が重労働なのでパソコン仕事はゆっくり、と言う感覚でいます。仕事意識をちょっと意図的に変化させている感じがあるかもしれません。

 

 


気候の良い時期は作品である椅子をベランダに置いているので、そこに座って朝の時間を過ごします。ベランダにはオリーブやローズマリー等も置いていて緑が多いのですが、それ以上に、ベランダから見える景色は空が広くて川が流れていて、自然を感じる事ができてとても気持ちがよいのです。音楽は、最近はピアノの優しい音楽や弦楽器の曲、ゆったりめのジャズやボサノヴァ、クラシックも多いです。お花も大好きなので、お部屋にはお花を飾っている事も多いです。視覚や聴覚から気持ちよさを感じるタイプです。気持ちが落ち着くゆったりした音楽をかけて、気持ちの良い景色を見ながら朝食をとっていると、ふと作品のデザインが浮かんでくる事もあります。

 

 


珈琲が好きなので、朝は美味しい珈琲かカフェラテを飲むようにしています。
2005年のジャパンバリスタチャンピオンであり、ワールドバリスタチャンピオンでも準優勝した方が焙煎した珈琲豆を島根から取り寄せているのですが、それでエスプレッソを淹れて濃いカフェラテにして毎朝飲んでいます。
街にある多くのカフェのものより美味しかったりします。食事は、夏は野菜のスムージーを作って飲みますが、今からの季節は身体が冷えるので、暖かいものを心がけて食べています。朝は小食なので少しばかり高価でも美味しいパンとバター、カフェラテを頂いています。パンも自家製の天然酵母と国産小麦を使ったお気に入りのパン屋さんのものを用意しています。

 

 


朝の時間ってひとそれぞれ違いますよね。
私は人よりもわりと重労働なので朝の時間はゆっくりと過ごしていると思います。
朝ゆっくりする時間があるから、1日の中で制作する時間のオンオフの切り替えが出来る、そんな気がします。
好きでしている重労働、鍛冶仕事ですが、私がずっと自分である為にはそうしたゆっくりした時間やのんびりする時間が必要で、それは平日にはどうしても朝と夜になります。朝はどうしても慌ただしくなりがちですが、自分の時間として考えたら、朝にゆったり過ごせると、その後の環境が私のような重労働でも自分らしく気持ちよく過ごせるのではないかと思います。朝にのんびりする時間があると、とてもいいと思います。

 

 

朝美人のある一日の過ごし方

岡本友紀さん (鍛冶職人)

7:00
起床(日により違います)
8:00
メールの返信等をしながら準備
10:00
アトリエへ
10:30
制作
12:00
ランチ
13:00
制作
19:00
帰宅もしくは制作続行
19:30
夕食
22:00
お風呂、セルフケア
25:00
就寝


 

今回のゲストは、会社勤めから鍛冶職人へと転身した岡本友紀さん。職人という目線ならではの、芸術作品や自然と触れ合う朝の過ごし方は、心も豊かにしてくれそう!岡本さんの作品のしなやかさや可愛らしさは、そうした時間の中から生まれているのではないかと感じます。
ゆったりとした朝の過ごし方のヒントは、意外と近いところにあるのかもしれませんね♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング