朝はリセットの時間|吉戸三貴さん(コミュニケーションスタイリスト)の朝の過ごし方

 

File87 コミュニケーションスタイリスト 吉戸三貴さん

“失敗だらけ”から脱出して、自分らしく輝くためのエッセンス!

profile

朝はリセットの時間。丁寧にコーヒーを淹れることからはじめます!

プロフィール

沖縄生まれ。極度の人見知りだったが、感謝の気持ちを手書きで伝えるコミュニケーションを始めてから、次々と出会いやチャンスに恵まれるようになり、パリ奨学金留学、美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て起業。
現在は、表参道を拠点に、企業・ブランドのPRから個人のコンサルティングまで様々なコミュニケーション課題の解決をサポートしている。

株式会社スティル
www.omotesando-style.com
著書 『心に残る人になる たった1つの工夫「ありがとう」の手書き習慣』(イースト・プレス)


朝の時間を活用されるようになったきっかけを教えてください。朝時間を大切にするようになったのは、夜型のライフスタイルで体調を崩したことがきっかけです。
仕事中に倒れ、このままではいけないと生活習慣を見直すことにしました。すぐに朝型に切り替えるのは大変だったので、まず朝が楽しくなる習慣をつくることから始めました。
私の場合は、美味しいコーヒーを飲むこと。マグカップを選び、数種類のコーヒー豆やミルをそろえました。朝から会議があると外で飲むこともありますが、自宅ではできるだけ丁寧にコーヒーをいれています。
最近は、People Treeのフェアトレードコーヒーがお気に入りです。 

 


朝に欠かせない習慣や、お気に入りのアイテムを教えてください。窓を開け、太陽の光をあびながら植物に水やりをするのが朝の習慣です。
ベランダや窓辺で、ミントやバジルなどのハーブ、季節の花、サボテンなどを育てています。花を摘んでテーブルに飾ったり、その日に会う方のためにミニブーケをつくったりすることもあります。いま一番気に入っているのは、“いい顔してる植物”をコンセプトに、独自の美しさを提案する植物屋「叢 – Qusamura」の植物。ここの多肉植物はどれも個性的で、見飽きることがありません。
アートのような植物をもっと見ていたいという思いから、最近はプロジェクトにも関わるようになりました。グリーンは、私にとって朝に欠かせないものの1つです。 

 


20代前半は失敗だらけだったと振り返っていらっしゃいますが、変わるきっかけとなったことを教えて下さい。「ありがとう」を手書きで伝えるようになったことだと思います。
パリ奨学金留学や、美ら海水族館の広報、起業など、様々な機会に恵まれたのは、手書きのコミュニケーションを通して、色々な方が私のことを覚えてくれ、声をかけてくれたおかげです。
相手に求めるのではなく、まず自分から感謝をして、その気持ちを伝えることの大切さを学びました。今年の2月に出版をしたのですが、これもきっかけは1枚のハガキでした。
別の仕事で会った編集者さんに何気なくお礼状を送ったら、「手書きのコミュニケーションで未来を開く方法を、たくさんの人に伝えたい!」とご連絡をいただき、思いがけず、ありがとう本の企画が生まれたんです。 


企業PRから個人の悩み相談まで、その人らしいコミュニケーションスタイルを導くプロの吉戸さん。“自分らしさ”を見つけるために大切なことは何ですか? 「まず、今の自分にOKを出す」ということだと思います。
私自身、昔は理想と現実のあまりのギャップに落ち込み、無理な目標を立てては挫折する、ということを繰り返していましたが、それでは、毎日を楽しむことも理想に近づくこともできません。ぶれない軸を見つけたり、願う変化を起こしたりするには、自分を信じる気持ちと時間が必要です。青い鳥と同じで、“自分らしさ”の種は、その人(企業)自身の中にあります。
「私には、未来につながる可能性と魅力がある」と信じ、その種を丁寧に育てることで、美しい花が咲くんです。
コミュニケーションスタイリストとして、そのお手伝いができることを幸せに思っています。 


朝のお気に入りの場所、お店、風景を教えてください。表参道に自宅とオフィスがあるので、時々、朝の散歩に出かけます。明治神宮まで、まっすぐに伸びたケヤキ並木が大好きなんです。時々、スターバックスの神宮前4丁目店に寄ってソイラテを買います。悩んでいることがあっても、コーヒーの香りと温かさに包まれて歩いている間にスッキリしますね。

お気に入りの朝食スポットは、青山アンデルセン。私にとっては頼れる街のパン屋さん的な存在で、散歩帰りに焼き立てのパンを買うことが多いです。
気が向くと、そのままカフェで朝食を楽しむこともありますよ。

 


朝時間.jpをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。朝は、色々なことをリセットして新しくスタートできる時間だと思います。
前の日の夜、仕事で辛いことがあったり、プライベートで悩みがあったりしても、太陽はいつものようにのぼり、朝がやってきます。朝時間が充実すると、1日のはじまりも明るくなるはず。自然と早起きしたくなるアイテムや習慣を見つけて、自分だけの時間を楽しめたら素敵ですね。

 

朝美人のある一日の過ごし方

コミュニケーションスタイリスト 吉戸三貴さん

6:30
起床
7:00
コーヒーを入れ朝食の準備、植物に水やり(散歩に行くことも)
8:00
PCチェック(SNS、メールの返信など)、原稿書き
10:00
Skype会議(クライアントとのミーティング)
11:00
外出
12:00
ランチ(打ち合わせを兼ねたり、友人たちと楽しんだり)
14:00
オフィスに戻りデスクワーク、お礼状書き
16:00
Skypeで個人のコンサルティング
18:00
イベント出席、取材対応など(休日は加圧トレーニング
20:00
自宅で夕食
22:00
お風呂、読書、ネイルケアなど
23:00
就寝


 

今回の朝美人は、コミュニケーションスタイリストの吉戸三貴さん。
お気に入りのマグカップを用意して珈琲を淹れることから、朝型生活を始めたそうですが、忙しい毎日の中で何かワンアクション、意識して“丁寧に過ごす”こと。そんな小さなことから心にゆとりが生まれ、“自分をきちんと見つめ、認めてあげられるようになるのではないでしょうか♪
吉戸さんが変わるきっかけとなったという「手書きのお礼の習慣」をまとめた素敵な本を、朝美人モニタープレゼントで実施中です!こちらからご応募くださいね。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング