こんなに使える!「茶殻」の活用アイデア3つ

 

1月16日:今日は「十六茶の日」

指先の感覚がなくなるほど寒い日が続いていますが、皆さん、体調にお変わりはないでしょうか?

私はと言えば、最近、意識的に温かい緑茶を飲むように心がけています。身体を冷やさないため、という理由もありますが、緑茶には免疫力をアップする効果があると言われているから。

風邪をひきやすい冬だからこそ、免疫力アップは特に大切ですよね。

緑茶

緑茶といえば、入れ終わったあと「茶殻(ちゃがら)」が出ますよね。この茶殻、そのまま捨てる方が多いと思いますが…実はそれ、とっても勿体ないことなんです!!

今日は、緑茶を入れたあとに残る「茶殻」の活用アイデアを3つご紹介します♪

【1】料理に活用する

ご飯

(写真はイメージです)

茶殻にはまだお茶の栄養分が残っているといいます。だとしたら、思い切ってお料理に使ってみませんか?

私のおすすめは「ふりかけ」にすること。よく私が作っているのは、「茶殻に、鰹節を和えて、めんつゆを適量加えるだけ」という即席の生ふりかけです。1分かからず作れるのでお手軽ですよ。

また、玉子焼きに入れるのもおすすめ!見た目は青のりのようで違和感がなく、味もほぼ変わらないため違和感なくいただけますよ♪

【2】入浴剤として使用する

入浴イメージ

リラックス効果の得られるテアニン、美肌や風邪予防に効果のあるビタミンC、そして抗酸化作用のあるカテキン…緑茶には嬉しい成分がいっぱい含まれていますよね。

それらを享受するために、入浴剤にしてみませんか?

ネットや、使い古しのストッキング、ガーゼなどに茶殻を入れ、浴槽に入れるだけで緑茶風呂の出来上がり。とてもリラックスできるので、疲れているときこそおすすめしたい方法です。

【3】消臭剤として利用する

靴箱

消臭効果が含まれているカテキン。茶殻をしっかり乾燥させたら、小瓶に入れたり、ガーゼなどに包んだりして置いておくと気になる臭いが軽減されます。

いかがでしたか?実はとても万能な、緑茶の茶殻。飲み終わったらすぐ捨てるのではなく、ぜひ再利用してみてくださいね。

「十六茶の日」とは?

いくつもの人気ブランド飲料を製造・販売するアサヒ飲料株式会社が制定。同社が手がける健康16素材をブレンドして作られた「十六茶」を飲んで、自分の身体や大切な人を思いやる日にとの願いが込められている。日付は1年を通じて飲んでもらいたいとの思いと「十六茶」の名前から毎月16日に。健康16素材とは、たんぽぽの根、エゴマの葉、発芽大麦、ナツメ、玄米、大麦、昆布、ハブ茶、桑の葉、びわの葉、きび、カワラケツメイ、ハトムギ、とうもろこし、黒豆(大豆)、あわ。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング