てり・ツヤを出すだけじゃない!「本みりん」の調理効果って?

 

11月30日:今日は「本みりんの日」

今日は、本みりんの日。お恥ずかしながら…私は本みりんを毎日の料理に使ってはいるものの、どんな役割を果たしているのか正直理解しておらず。

どんなお料理のレシピを見ても「みりん」と記載があるため、自炊するなら必要なんだろうなと思って、なんとなく使っていました。

今日はそんな「本みりん」について調べてみました。

本みりんって?

本みりん

本みりんは、もち米を原料とした酒類調味料のこと。もともとは日本料理店で使われる「贅沢品」というイメージが強かったそうです。

昭和30年代の酒税法改正により、本みりんの酒税が大幅減税になり、それ以降、一般家庭にも普及するようになったといわれています。

本みりんを料理に使う効果って?

では、本みりんを使うとどんな調理効果が得られるのでしょうか?キング醸造の「日の出みりん」のホームページに詳しく紹介されていました。

様々な糖が砂糖(ショ糖)とは異なるまろやかな甘みと、てり・ツヤをつけ、アルコールと一緒に食材を引き締めることで煮崩れを防ぎ、うまみを逃さないはたらきをします。

本みりんに含まれるアルコールの分子は小さいので食材の浸透が速いです。また、アミノ酸・有機酸・糖類などの調味成分がアルコールと一緒に食材へ浸透する事で味が浸み込みやすくなり、料理の味を均一に仕上げます。

さらに加熱してアルコールを蒸発させる際に、食材の臭みを一緒に飛ばす効果があります。

出典:本みりんとは – 日の出みりん|食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りの日の出みりん

本みりんにこんなにたくさんの効果や役割があるなんて!いつも「てり・つやを出すため」「甘みを足すため」かな?と、なんとなく入れていましたが、実はほかにも様々な働きがあるのですね。

本みりんは煮崩れを防ぐ、ということだったので、早速煮物(肉じゃが)を作ってみましたよ。

肉じゃが

コトコトじっくり煮込んでみたのですが、確かにじゃがいもは煮崩れず、良い加減に煮あがりました!

これから寒くなる季節、煮物を作る機会も増えるはず。ますます「本みりん」が活躍しそうな予感♪「家にあるけど、使っていない…」という方、今一度本みりんの使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

「本みりんの日」とは?

日本の伝統的調味料である「本みりん」の優れた調理効果を、より多くの消費者に知ってもらおうと「本みりん」のメーカーで構成された全国味淋協会の「本みりんの日」事務局が制定。日付は11と30で「いいみりん」と読む語呂合わせと、鍋物などに使う「本みりん」の需要期であることから。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング