ネイティブは“I think”を使わない!?「~だと思います」の英語表現

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

考える女性

ネイティブは“I think”を使わない!?「~だと思います」の英語表現

ビジネスでも、日常会話でも、日本語では

「~だと思います」

はよく使う表現ですよね。これを英語にそのままなおすと

I think

なのですが…実はネイティブは、あまりこの表現は使いません。日本人にはとてもなじみのある “I think” は、英語ではやや弱い表現になってしまうことが多くあります。

例えば、「売上を上げるために、来年はもっと頑張りたいと思います」といいたい時。

これは、日本語でおかしな響きのない、普通の文章ですよね。

しかし、これを “I think” を使って “I think I will work harder to increase our sales next year.” などと英語で表現すると、ネイティブが聞いた時「本当に頑張る気があるのだろうか?」と疑いの気持ちを持ってしまうかもしれません。

上記の場合は、 “I think” を取り除き

I will work harder to increase our sales next year.(売上を上げるために、来年はもっと頑張りたいと思います)

というのが相応しいのです。

例)
A:What are your goals for next year?(=あなたの来年の目標は何ですか?)
B:I will work harder to increase our sales next year.(=売上を上げるために、今年はもっと頑張りたいと思います)

日本語だと「~だと思います」をつけるだけで柔らかい表現になりますが、英語では、“I think” を使用しても、日本語のような意味にはなりにくいです。

英語を使う前に、本当に “I think” が必要なのかどうかを考えてみてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

☆この連載は<金曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング