よく眠れるって本当…?「お酒」と「睡眠」の関係をおさらいしよう

 

11月16日:今日は「いいビール飲みの日」

飲食店の営業時間の制限が緩和され、アルコールを飲む機会も増えてきたのではないでしょうか?

私自身も先日、1年ぶりにお酒を飲みました。久しぶりに飲んだからか、1杯飲み終える前にフワフワと眠気が…そう、お酒を飲むと、良い感じに眠くなりますよね。

「やっぱりお酒を飲むと、よく眠れるのかな?」と気になり、早速調べてみましたよ。

飲酒は質の良い睡眠に繋がる?

結論からいいますと、お酒を飲むと眠たくなるのは確かでも、「質の良い睡眠」のためにはあまり良くないのだとか。

少量のアルコールにはリラックス効果があるため、寝付きが良くなる可能性はあります。でも、お酒を飲んで眠たくなるのは、睡眠覚醒中枢が麻痺するため。これは決して快眠状態とは言えないそうです。

また、眠気を誘発するためにお酒を飲む…ということが習慣になってしまうと、徐々に飲酒量が増えていってしまったり、飲むのをやめた途端に眠れなくなってしまったり…と、悪循環に陥ってしまう場合があるといわれています。

さらに、アルコールの利尿作用も、快眠の弊害に。お酒を飲んで眠ると利尿作用が高まり、夜中に目が覚めやすくなってしまう…みなさんもそんな経験があるのではないでしょうか?

(参考)“寝酒”ってどうなの?「眠るための飲酒習慣」を見直すべき理由とは( https://asajikan.jp/article/209520

いかがでしたか?飲食店の営業時間制限が緩和されてから「最近、ちょっと飲みすぎているかも…」と思った方は、要注意。

これから年末にかけては、飲酒の機会が増えるシーズン。健康のために、適量をほどよく楽しみましょうね♪

「いいビール飲みの日」とは?

女性に適正な飲酒を呼びかけているビール酒造組合が制定。女性にお酒との上手な付き合い方の知識を身につけてもらい、生活習慣病のリスクを高める飲酒をしている人を少なくすることが目的。日付はアルコール関連問題啓発週間の11月10日から16日までの中で、11と16で「いい(11)ビール(16)」と読む語呂合わせから。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング