マスクで隠れず落ちにくい!顔が明るく見える「チーク」の塗り方

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

マスク生活をするようになって、リップだけでなくチークを使わなくなった人も多いはず。

しかし、チークは血色感をプラスするだけではなく、顔を立体的に見せることにより小顔効果も狙える優れものなのです。

そこで今回は、マスクをしていても隠れない・落ちにくいチークの塗り方をご紹介します!

落ちにくいチークって?

マスクの日にチークが落ちる主な原因は「擦れ」です。

擦れに強くて落ちにくいチークは、クリームやリキッド。

パウダータイプならカラー成分にひと工夫してあるようなものがおすすめです。

チーク

ファシオ マルチフェイス スティック

今回私が使うファシオの「マルチフェイス スティック」は、肌になじませた後サラッとした感触に変化するからマスクメイクの日にぴったり。

カラーは秋っぽいローズ系のブラウン「12」です。

マスクで隠れない・落ちにくいチークの塗り方

それではチークを塗っていきましょう。

チークの位置はここ!

チークを塗る場所

マスクをする時のチークは、高めの位置で横幅を広く塗るのがポイントです。

目の下は、指一本分ほどのスペースをあけ、目尻側はこめかみに向けてやや上の位置まで塗ります。

チークを塗る場所

このように塗ると、チークがマスクに隠れないので、横顔が明るく見えます。

チークを塗った稲毛さん

正面から見てもチークのおかげで血色感がプラスされて、白マスクでもやわらかな表情に。

マスクをする時のチークは、マスクをしていない時よりも少し濃いめに塗ってみてくださいね。

***

いかがでしたか?

落ちにくいチークを使っても、表情をよく動かしたり、おしゃべりをしてマスク内が蒸れるとマスクに色移りしやすいものです。

そんな時はチークの上にルースパウダーを塗っておくと色もちしやすくなるので、ぜひお試しを!

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング