抑えめカラーが正解!簡単で崩れない「チーク」塗り方レッスン

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

夏本番になると、暑さでメイクが億劫になること…ありますよね。

そんな時こそ、「チーク」の出番です

今回は、夏のメイクに合うチークのカラー選びと、崩れにくい塗り方をご紹介します。

夏に合うチークとは?

夏は汗や皮脂でメイクが落ちやすいですよね。ベースメイクは軽く済ませたいけど、きちんと感もほしい…そんな時に活躍するのが、チークです。

頬にほんのりと色がついているだけで、ちゃんとメイクをしている顔に見えるから不思議。

軽めのベースメイクやリップに合わせるなら、ヌーディーカラーのチークが断然おすすめです。

それは、気温が高くなることで、頬が自然に赤くなることも多いから。肌に赤みがあるぶん、バランスがとれるよう、チークは抑えめな色が正解!というわけです。

エクセルのチーク

今回使用したエクセルの「オーラティック ブラッシュ」は、ハイライトカラーと濃淡のある血色カラーが美しいチークです。

エクセルの「オーラティック ブラッシュ」

わずかワンストロークで、目の下に入れるハイライトと頬のチークが済ませられる、画期的な時短チーク。ベイクドシナモンは、肌に溶け込むような自然な血色感です。

さらりとしたパウダーは夏にぴったりですよ!

崩れにくいチークの塗り方

チークとおしろい

【1】パフでフェイスパウダーを塗る

ベースメイクを済ませたら、パフを使ってフェイスパウダーを塗ります。

チークを塗る前にフェイスパウダーを塗ることで、チークがムラ付きするのを防げます。

【2】チークを塗る

パウダーチークをブラシに含ませ、頬をなでるようにささっと塗ります。

夏は自然に頬が上気しやすいから、チークは秋冬よりも薄く塗ってくださいね。

【3】ブラシでフェイスパウダーを重ね塗り

最初に使ったパウダーを、パフからブラシに持ち替えて塗ります。

ブラシを使うと薄付きになるため、チークの色をじゃましません。

チークメイク

最後にパウダーを塗ることで、汗や皮脂・マスクの擦れからチークを守り、落ちにくくできます。

***

今回は、夏に映えるチークの選び方と塗り方のコツをご紹介しました。

汗でメイクが落ちやすい季節ですが、きれいをキープしつつ、思いっきり夏を楽しみましょう♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング