お家にあるものだけですぐできる!朝ごはんの救世主「ブリトー」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

「ブリトー」ってご存じですか?ブリトーはトルティーヤ(薄焼きのパン)に様々な具を巻いたメキシコ料理。コンビニのサンドイッチコーナーなどでも売られていますよね。

実は、おうちにある材料+フライパンを使えば、手軽にブリトー風の一品が作れます。今回は定番のハムとチーズを巻いてみましたが、チリコンカンや前日の夜ごはんの焼肉や唐揚げなんかを巻いてもおいしいですよ。

「ご飯もパンも切らしてた!」という朝にもおすすめです♪



お家にあるものだけですぐできる!朝ごはんの救世主「ブリトー」

お家にあるものだけですぐできる!朝ごはんの救世主「ブリトー」

材料:4枚分

調理時間:約20分

  • 薄力粉…80g(私は国産小麦粉「ドルチェ」を使用しています。粉によって多少吸水が異なる場合があります)
  • オイル…小さじ1
  • 塩..1g
  • 水…42g

作り方:

1) ボウルに材料を全て入れてゴムベラで混ぜる。ひとまとまりになったら手で1分こねて滑らかにし、ラップをして冷蔵庫で10分休ませる。

ブリトーの生地

2) 生地を4等分したっぷり粉をつけて、麺棒と手を使ってなるべく薄い丸にのばす。(直径13~14cmくらい)

ブリトーの生地

3) フライパンに入れて中強火にかけ片面が所々色づくまで焼く。

ハムとチーズのブリトーにする場合

裏返してハムとチーズを乗せ、フライ返しを使ってくるくると巻く。

ブリトー

他の具材を包む場合

裏返した面もさっと焼き、具材を包むか、翌日に食べる場合はそのままラップに包んで保存する。

ポイント

  • 焼きすぎると硬くなって具が巻けなくなってしまうので、片面は強めの火で色づくまで、もう片面はさっと焼きましょう
  • 硬くなってしまった場合、上に具を乗せてピザの土台にするとまた違うおいしさが楽しめます

ぜひお試しください!

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

★湘南・辻堂でパン教室を主宰しています→フランスパン教室「crumb-クラム」

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。著書『レーズン酵母で作るプチパンとお菓子』『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ』。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain
ホームページ:https://ikeda-manami.wixsite.com/home
You Tube:パン教室Crumb-クラム

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング