マシュマロがとろ~り♪簡単かわいい「雪だるまスモアトースト」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

「スモア」ってご存じですか?熱で溶けたマシュマロとチョコレートをビスケットなどで挟んだもので、アメリカやカナダではバーベキューやキャンプの定番デザートなんです。

語源は英語の「Some more(もう少し欲しい)」から来ているのだとか。とろりとした濃厚な甘さはコーヒーとの相性が抜群!冬のおやつにいただくと、幸せな気持ちになりますよ。

今朝はそんなスモアを、クリスマスにぴったりの朝ごはんメニューにアレンジ!冬らしく「雪だるま」をイメージした簡単「スモアトースト」を作ってみました。整列した雪だるまが可愛らしく、食べる時にとろ~っと伸びる姿を見るとクスッと笑ってしまいますよ。

マシュマロがとろ~り♪簡単かわいい「雪だるまスモアトースト」

マシュマロがとろ~り♪簡単かわいい「雪だるまスモアトースト」

材料:1枚分

調理時間:約10分(焼き時間含む)

  • 食パン(6枚切り)…1枚
  • マシュマロ…12個
  • ビターチョコレート…30g
  • チョコペン…1本

作り方:

1) ビターチョコレートを小さく割って小皿に入れ、600wの電子レンジで約1分温めて溶かす。スプーンで食パンの表面全体にぬる。

チョコを塗った食パン

2) マシュマロは4つを半分の長さに切る(切ったマシュマロ8個が雪だるまの頭、切っていないマシュマロ8個が胴体になります)

(1)の上に雪だるまの頭と胴体になるようにマシュマロを並べる。

マシュマロ

3) トースターで1~2分、マシュマロの表面が色づくまで焼く(色づき始めるとすぐに焦げてしまうので注意しましょう)

最後にチョコペンで顔を書いて完成!

全粒粉のパンで作るのもおすすめ。香ばしい味わいに仕上がりますよ。

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

★湘南・辻堂でパン教室を主宰しています→フランスパン教室「crumb-クラム」

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。著書『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ』。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain
ホームページ:https://ikeda-manami.wixsite.com/home
You Tube:パン教室Crumb-クラム

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング