BLOG

食欲がない朝の、ひと工夫。夏の朝ごはんアイデア3つ

 

おはようございます。フードスタイリストの河合真由子です。

連日、猛暑日が続いていますが、体調を崩されていませんか?暑いときはどうしても食欲が減退して、栄養不足から夏バテになりがち。

今日は、食欲がおきない暑い夏でも、朝ごはんづくりを楽しむ工夫やアイデアをご紹介します。

いつもの食材が「冷やすだけ」で食べやすく

トマトのサラダ

夏の過ごしにくい時期は、食欲が減退しがち。でも、そんなときこそご飯をしっかり食べておかないと体力が落ち、さらに免疫力も下がってしまいます。

簡単にできる朝ごはんのひと工夫としておすすめしたいのが、「食材を冷やす」という方法。

例えば、フルーツなら、カットしたあと、お皿ごと冷たく冷やしてテーブルに並べる。冷蔵庫で冷やしたトマトは、さらに、お皿に氷とともに並べて、見た目も涼し気な冷やしトマトに。サンドイッチも、この時期は冷蔵庫で少し冷やしたほうが食べやすくなります。

ほんのちょっとの工夫ですが、食欲をそそる演出になりますよ♪

「すぐ食べられる食材」をストック!

サバ缶

暑い時期は、キッチンに立つのも少し面倒になってしまいますよね。そんな時のために、すぐに食べられるものをストックしておくのもおすすめです。

サバ缶やフルーツの缶詰があれば、開けてすぐに食べられます。冷凍うどんなどの冷凍食品は、電子レンジ加熱でOK。

まずは、朝起きて何か口にすることを目標として、簡単に食べられるものを準備しておくのも、無理なく朝ごはんづくりを続けるコツです。

食材を切って、調味料を計って、一から本格的に料理をすることを考えるよりも、市販品を上手に組み合わせることで、料理や食事への心理的負担を下げてみましょう。

ほんのひと手間で「栄養バランスは整う」

うどん
時間や気持ちに余裕があるときは、すぐに食べられる食材にほんのひと手間をかけて、栄養バランスのとれた食事を作りましょう。

例えば、冷凍うどんは便利ですが、それだけでは少し物足りないですし、栄養バランスも偏ってしまいますよね。電子レンジで加熱した冷凍うどんに、カット野菜や半熟卵をトッピングしたり、鯖缶とたっぷりの薬味をトッピングすれば、お腹も心も満足する一品になります。

また、缶詰のフルーツに、ヨーグルトやグラノーラをあわせてみると、しっかり食べごたえのある一品になります。

***

猛暑日が続く時期こそ、食事はしっかり摂りたいもの。

普段の朝ごはんづくりに、「冷やす」「すぐ食べられる食材をストックする」「ひと手間かけて栄養バランスを整える」など、ひと工夫してみましょう

暑い夏も、毎日の朝ごはんで、心身ともに強いカラダづくりを目指したいですね。

フードスタイリスト 河合 真由子

フードスタイリスト 河合真由子 オフィシャルサイトはこちら >> http://www.recipeoflife.jp

インスタグラムでは日々のコーヒーと朝ごはんを投稿中です >> https://www.instagram.com/kawaimayuko/

週末朝活「フードスタイリスト 河合真由子のとっておきの朝食会」(オンラインVer.)開催中!イベント情報配信はこちらから登録ください。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝が楽しみになる!とっておきの朝食アイデア

公式ブログ
朝食会を主催するフードスタイリストが教えてくれる、とっておきの朝食アイデア♪
Written by

河合真由子

とっておきの朝食会オーガナイザー・フードスタイリスト

フードコーディネーター/フードスタイリスト。3年間朝の番組でのフードコーディネートを担当したことで、朝時間が充実すると、その日1日が充実することを実感。たくさんの人に、自分だけのとっておきの朝時間を過ごしてほしいという思いから、2015年より週末朝10時からはじめられる朝活を主催。

Blogはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング