懐かしい味を簡単に!「ハムカツ」「ピーマンのじゃこおかか」2品弁当

 

みなさま、おはようございます。料理研究家の「かめ代。」です。

心が楽になる2品弁当。連載第50回目の2品弁当は

  • ハムカツ
  • ピーマンのじゃこおかか

のレシピをご紹介します。

懐かしい味のハムカツ!ハムは下味もつけなくていいですし、水分もなく、お弁当にとても助かる食材。ちょっと贅沢に、2枚重ねて!揚げ焼きに(笑)。

簡単に作るため、カツの衣に卵は使わず、マヨネーズと牛乳で作ったバッター液でコクを出します。

副菜は、ピーマンのじゃこおかか。レンジ加熱ですぐにできます。2品弁当お試しください。

懐かしい味を簡単に!「ハムカツ」「ピーマンのじゃこおかか」2品弁当

懐かしい味を簡単に!「ハムカツ」「ピーマンのじゃこおかか」2品弁当

1品目 ハムカツ

(材料)1人分

  • スライスハム 4枚
  • (A)マヨネーズ 小さじ1
  • (A)牛乳 大さじ1
  • (A)薄力粉 大さじ1
  • パン粉 大さじ3~4程度
  • 油 大さじ2程度
  • ソース 適量 ※お好みで

(作り方)

1) ボールに(A)を入れて混ぜ、ハム2枚を1セットにしてからめる。中にも少しバッター液がついていると剥がれにくい。

ハムカツ

2) (1)にパン粉をつける。フライパンに油を入れて中火で熱して並べ入れる。

ハムカツ

3) こんがりと焼けたら裏返し、両面揚げ焼きにする。

ハムカツ

※揚がったら、ペーパータオル等の上に取り、油をしっかり切ってください

※今回はこげつかない加工の、直径20cmのフライパンを使用しました

2品目 ピーマンのじゃこおかか

(材料)1人分

  • ピーマン 3個
  • パプリカ 赤1/2個 ※ピーマンとパプリカ合わせて200g程度が目安
  • ちりめんじゃこ 大さじ3
  • ごま油 小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ1
  • かつおぶし 小1パック

(作り方)

1) ピーマンとパプリカは5mm幅に切る。耐熱容器にちりめんじゃこと一緒に入れ、ごま油をからめる。

パプリカとじゃこ

2) 蓋をして、電子レンジで3分加熱する。

※蓋をしたままレンジ加熱できる容器(容量850ml・レンジ加熱温度500w)を使用しています

レンジ耐熱容器

3) 全体を混ぜてしょうゆをからめる。かつおぶしを入れて和える。

※水分が残る場合は、かつおぶしの量を増やし、水分を吸わせてください

ピーマンのじゃこおかか

※蓋も電子レンジ可能の容器を使うと、ラップが不要になるため楽です。また、お弁当に入れて残ったら、そのまま蓋をして冷蔵庫保存。夕飯の1品にもなり便利です

2品弁当の詰め方プロセス

1) ごはんを弁当箱に入れて冷ましておく。おかずを入れるところは低く詰め、ちぎった海苔を敷く。

※冷ます時には割りばし等の上に弁当箱を置いて、底を浮かせると下にも空気が通り、早く冷めます

2品弁当の詰め方

2) 右半分にハムカツをのせる。

2品弁当の詰め方

3) 副菜を詰める。

2品弁当の詰め方

4) ごはんの上に梅干しといりごまをのせ、ハムカツにソースをかける。

2品弁当の詰め方

※分量外の材料(ごはん1人分、梅干し、いりごま)

*****

今週の「心が楽になる2品弁当」はいかがでしたか?ハムカツが楕円のわっぱ弁当にきれいに入るよう、右側に並べてみました。

懐かしい味を簡単に!「ハムカツ」「ピーマンのじゃこおかか」2品弁当

ハムカツなどのように薄い食材でも、のりとごはんで上げ底をすると!お弁当箱を開けた時に、おかずがたっぷりに見えて満足感があります。

また、ハムは日持ちもしますので、カツに調理してメインにできると、暑さやウイルス感染が気になって買い物に行きづらい時期に、楽ですよ。

毎日のお弁当作り。心を楽に。2品弁当を楽しんでください。

******

「心が楽になる2品弁当」のルール

  • おかずは2品だけ
  • 詰め方も簡単に。紙カップは使わない
  • 市販の調味料やあしらいものは常備して利用
  • 2品で朝15分以内に完成する簡単美味しいお弁当

******

料理研究家 かめ代。

公式ブログ かめ代のおうちでごはん。http://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙しい朝でも作れる♪「心が楽になる2品弁当」

楽な心で作ろう!忙しい朝でもできる「2品」でおいしいお弁当レシピ♪
Written by

料理家 かめ代。

料理家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他多数。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング