BLOG

朝の過ごし方で本当の自分と出会えた!私が実践した「早起き」習慣のコツ

 

日本最大級の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!☀日本最大級の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのRIKAです。

突然ですが、私の人生を一言で表すと…

「まわり」の「ひまわり」のように、太陽に向かってまっすぐ伸び続ける

です。

ひまわり

みなさんは、今の自分と向き合えていますか?

この質問に対して、自信をもって「はいっ!!!」と答えられる方はそんなに多くはないと思います。そんな私も、以前は二度寝大好きマンで、休みの日の午前中はダラダラと過ごす生活を送っていました。そしていつも後悔して自己嫌悪に陥っていました…。

しかし、朝渋の活動を通じて、「朝」の時間を有効に使えるようになりました。その結果、「早起きが習慣化した」のみならず、本当の自分を見つけ出すことができたと感じています。「私が私らしくいられること」で、今、自分としっかり向き合えていると実感しています!

今回は、私の実体験を踏まえた上で

【1】 自分と向き合うことのメリット

【2】 早起きが楽しみになる習慣の身につけ方

をご紹介していきたいと思います!!!

【1】 自分と向き合うことのメリット

パズルのピース

自分自身と向き合うための手法は、たくさんあると思います。例えば、3行日記とか、ブログに書くとか…。

私は、朝渋KNOCKの中の加来幸樹さんによるWHY(個人理念)から自分を語れるようになる」という講義で、自分らしくいることの重要性を学びました。そして、少しずつではありますが、自分の人生を「選択」できるようになった気がしています。

自分と向き合うことのメリットとして、下記3つがあります。

  • 他人と自分を比較しなくなる!
  • 自分の強みを理解し、活かせるようになる!
  • 今の自分の「幸せ」を実感できるようになる!

自分と向き合うようになったからこその気づきがたくさんありました。その結果、仕事やプライベートでもポジティブな出来事が増えたように感じています。

【2】 早起きが楽しみになる習慣の身につけ方

朝の時計

早起きを楽しみにすれば、夜も早く寝ようと思えるようになり、不要な会社の飲み会にも行かないようになりました。これも以前は、周囲からどう思われるかなど、他人の目を気にしていた私にはできないことでした。

早起きが楽しみなるために、私が実践したことは下記4つです。

  • カーテンを開けて寝て、太陽光で自然と起きる!
  • 本屋さんで気になる本をまとめ買いして、それを読むために起きる!
  • 近所を朝散歩する!(晴れの日限定)
  • 疲れた日の次の日の朝ごはんをちょっぴり豪華にする!

朝ごはん

このように、自分と向き合って分かった自分なりの「幸せ」「ワクワク」を、朝の時間にたくさん用意しておくことで、早起きは習慣化しやすくなります!

以前の私のように「自分らしさって何だろう…」と悩んでいる方は、朝の時間を有効に使ってみてはいかがでしょうか?

「朝」があなたの良い1日のスタートになりますように。笑顔でいってらっしゃい!

※早起き習慣のTipsや、「自分の時間軸」で生きることに悩んでいる方は、ぜひ書籍「昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です」を手に取ってみてください!

書籍「昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です」

朝渋オンライン

日本最大級の朝活コミュニティ。月に4回のイベント視聴を通じて、「人生を自分で選択するヒント」が得られます。

https://community.camp-fire.jp/projects/view/243458

RIKAさんのプロフィール

RIKAさん

都内の人材業界会社の営業職として勤務。「まわりのひまわり」になるために、毎日明るく朝を迎えられるように工夫しています!

★本連載は、毎月第2・第4水曜日に更新します!次回もどうぞお楽しみに♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング