包まないから簡単!レンジで火いらず「いなり寿司風のっけごはん」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日は、暑い日にもさっぱり味で食べやすい、酢飯を使った簡単「いなり寿司風ごはん」をご紹介します。いなり用の油揚げは、レンジで簡単に、でもちゃんとジューシーに。火を使わない簡単レシピなので、暑い夏でも楽ちんですよ♪

今週のセルフケア食材「しそ、みょうが」

しそ、みょうが

いなり風ごはんをよりさっぱりと仕上げるために、今回は薬味をトッピングします。薬味が好きな方は、ぜひたっぷりとのせて楽しんでください。

薬味類はさまざまな料理に添えられることが多いですが、その爽やかな香りで食欲を増進させてくれます。どちらもおなかを温めてくれるので、消火器が弱まり、なんだか食欲が湧かない…そんな時にもおすすめです。

暑い日が続くと冷たいものを食べ過ぎてしまいがちですが、冷たいものはお腹に負担をかけてしまいます。体を温めるものもちゃんと食べて、バランスをとりましょう。

包まないから簡単!レンジで火いらず「いなり寿司風のっけごはん」

包まないから簡単!レンジで火いらず「いなり寿司風のっけごはん」

材料(2人分)

  • 油揚げ 2枚
  • (A)だし汁 100ml
  • (A)しょうゆ 大さじ1
  • (A)砂糖 大さじ1と1/2
  • (A)みりん 大さじ1/2
  • ごはん 2杯分(約300g)
  • (B)酢 大さじ1
  • (B)砂糖 大さじ2/3
  • (B)塩 小さじ1/4
  • しそ(大葉) 4~5枚
  • みょうが 1個
  • 白いりごま 適量

作り方

1. しそとみょうがは縦半分に切り、細切りにする。油揚げは1.5cm幅に切る。

2. 耐熱のボウルに油揚げと(A)を合わせ、600Wのレンジで1分半、油揚げを上下返してさらに1分、ラップをせずに加熱する。そのまま粗熱をとる。

3. 耐熱の器に(B)を合わせ、600Wのレンジで20秒加熱する。砂糖と塩が溶けたら温かいご飯にまんべんなくかけ、さっくりと混ぜ合わせる。皿に盛り、ほどよく汁気を含んだ(2)をのせ、薬味と白ごまを振る。

ポイント

  • 油揚げの煮汁は、絞ったりせず、油揚げに程よく汁気を含ませた、ジューシーな状態でごはんにのせましょう

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング