内側からもスキンケア♪肌に良い「3大栄養素」とおすすめ食材

 

4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立!自然体な大人メイクを伝導しているメイクセラピスト荻野愛子さんによる連載「史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド」では、朝のメイクで美人になるヒントを毎週ご紹介します♪

おはようございます。メイクセラピストの荻野愛子です。

季節の変わり目や、忙しくて疲れが溜まっているときなど、いつも通りきちんとスキンケアをしているのに、お肌の調子が悪くなってしまうこと…ありますよね。肌が荒れていると気分がブルーになって、1日気持ちよく過ごせないもの。どんな時期でも、肌のコンディションを整えておきたい!多くの女性がそう考えているのではないでしょうか。

今日は、肌の外側からのスキンケアと合わせて意識したい、内側からのスキンケア。つまり、きれいなお肌をキープするために効果的な食べ物をご紹介します。

体の内側からもスキンケア♪肌荒れを防いで美肌を作る「3大栄養素」

肌が荒れたとき、スキンケア製品を見直したり、生活リズムを整えたりする対策とあわせて、意識したいのが、食べ物の栄養素です。肌荒れが気になる時は、肌にいいといわれる栄養素を含む食品を意識的に取り入れて、体の内側からもスキンケアすることが大切になります。栄養素には多くの種類がありますが、肌のために特におすすめしたいのが

  • タンパク質
  • ビタミンB
  • ビタミンC

この3つの栄養素です。私自身、これらの栄養素をしっかり取り入れることで、お肌の状態が健康的に改善されたんですよ!

体の細胞をつくる「タンパク質」

タンパク質食品

まずおすすめしたいのが、タンパク質をしっかり摂ること。タンパク質は、体内のあらゆる細胞を作るため、いきいきとした美肌をキープするための、とても大切な栄養素。主に、肉、魚、卵、乳製品・豆製品などに含まれています。特にダイエット中は、このタンパク質不足に陥りがち。痩せてキレイになるつもりが、肌がシワシワになって老け込んでしまった…そんな状態にならないために、ダイエット中こそ意識的にタンパク質を取り入れましょう!

私自身、以前はダイエット中の肌荒れに悩んでいましたが、高たんぱく質、低カロリーな食材として有名な豆類をしっかりと食べるダイエットに切り替えたところ、肌荒れしにくくなり、健康的に瘦せられました。特に忙しい時は、調理が必要な肉、魚などは取り入れにくいものですが、大豆が原料の納豆や豆腐・豆乳なら、そのまま手軽に食べられますよ。また、乳製品のチーズも、食べやすくて◎

自炊する方なら、乳製品、卵、豆製品を使った「納豆パスタ」「豆乳スープ」「納豆チーズオムレツ」などが、パパっと作れておすすめです。

睡眠不足による肌荒れには「ビタミンB」

レバー

ビタミンB郡の摂取は、睡眠不足による肌荒れに効果的です。中でもビタミンB2はレバーや海苔などに多く含まれていて、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の促進やニキビの予防、改善などの美肌作用があります。ニキビができるなど肌荒れがひどい時ほど、レバーや海苔などを意識して食べて、新しいお肌の生まれ変わりをサポートしましょう。

バナナ

そして、レバー、マグロ、バナナなどに多く含まれるビタミンB6は、皮膚の健康を維持する作用の他、精神を安定させ、リラックス効果のある成分(GABA)の生成に役立ちます。これらB2とB6、どちらも多く含んでいる「レバー」は、最強の美肌食材といえるかも!肌荒れのときはもちろん、美肌キープのためにも積極的に食べましょう。

また、アサリやシジミなどに含まれているビタミンB12には体内時計を調節する働きがあり、乱れやすい体内時計を正常に整えることで、不眠解消効果が期待できます。B2の海苔、B6のマグロ、そして、B12のアサリとシジミ…お寿司屋さんにいくと、美肌効果のある食品をまとめて食べられそうですね!(笑)

ストレスに効く「ビタミンC」

3つ目のおすすめ栄養素が、抗酸化力が強く、美白・美肌効果があると言われるおなじみ「ビタミンC」。風邪予防に効くビタミンとしても有名ですよね。レモンと並んで、ビタミンCを含む野菜が、パプリカ。なんと、ピーマンの2倍以上ものビタミンCが含まれているそう。ちなみに、ビタミンCは一度にたくさん摂っても吸収できずに排出されてしまうので、毎食こまめに摂るのがポイントです。

ちなみにビタミンCは、肌に弾力を生むコラーゲンの生成にも深く関わっていると言われていますよ。自宅でさっと料理を済ませたい時は、コラーゲンを多く含む豚肉を使った「豚肉とパプリカの炒め物」なんていかがでしょうか?

忙しいなら「サプリ」も上手に取り入れて

忙しい毎日の中でも、美しい肌を保ちたい女性には欠かせない、内側からの美肌ケア。今回は私自身が効果を実感しているおすすめの美肌栄養素3つと、その取り入れ方をご紹介しました。

タンパク質、ビタミンB、ビタミンCとも、毎日の食事の中で少しずつ意識して取り入れるのが理想ですが、忙しい時はサプリメントでも大丈夫。私自身、会社員として美容部員をしながら、メイクセラピストとして活動し始めた時期はよくビタミンBサプリに助けられていました。ビタミンB2やB6のサプリを飲んでから眠ると、翌朝は肌の調子が良くなっていることが多いんですよ!ドラッグストアでサプリメントがたくさん販売されているので、忙しくて食事に気配りできない…という方はぜひお試しください♪

☆この連載は<日曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド

人気メイクセラピストに教わる、美人になる朝のメイク術♪
Written by

メイクセラピスト 荻野愛子

トップクラスのアドバイザーとして4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立。その人の中の美しさを引き出し、豊かさを高める「MUSE(ミューズ)メイクレッスン」を中心に活動中。MUSEメイク8タイプ診断・カラー診断と合わせて自然体な大人メイクを伝導している。

公式ブログ 「毎朝のメイクが楽しくなる」:https://ameblo.jp/sorataro-minisora
Facebook:https://www.facebook.com/MUSEmake/
「MUSEメイク」公式サイト:https://www.muse-make.com/

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング