丸ごと1個使用!レンジで時短カンタン「みかん大福」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

冬のくだものといえば「みかん」ですよね。我が家でも毎日1人2個食べています(笑)。

そのまま食べることが多いみかんですが、今朝は、番外編!パンの代わりに朝のおめざとしておすすめの、丸ごと1個のみかんを入れた「みかん大福」をご紹介します!

電子レンジを使って皮をカンタンに作ったら、あとは包むだけ!もちろん、同じ要領で「いちご大福」もできますよ。

こんな朝ごはんが出てきたらテンションが上がりますよね…!ボリュームがあって意外と腹持ちも良いので、実は朝ごはんにもおすすめ。

たくさん作って手土産にしても喜ばれる、可愛いフルーツ大福です。

丸ごと使用!火を使わずレンジで簡単ジューシー「みかん大福」

丸ごと1個使用!レンジで時短カンタン「ミカン大福」2個分 調理時間:20分

  • みかん…2個 (小さいものを使用した方が包みやすく、可愛いです)
  • 白玉粉…55g
  • 砂糖…大さじ1
  • 水…80g
  • こしあん…80g (白あんもおすすめです)

作り方:

準備) みかんは皮をむいて、白い筋をなるべく綺麗に取っておく

1) 耐熱皿に白玉粉と砂糖を入れて混ぜ、水を注いでホイッパーで混ぜる。電子レンジ600Wで2分加熱し、ゴムベラで粘りが出るまで混ぜる。

大福

2) バットに片栗粉(分量外)をしき、(2)をのせて粗熱をとる。上面にも少量の片栗粉を付けて、2等分に切る。

3) ラップにあんこをのせて、みかんより一回り大きく広げ、みかんをのせて包む(みかんの全体を薄くあんこが覆っている状態にする)

丸ごと1個使用!レンジで時短カンタン「ミカン大福」

4) (2)の生地を大きく伸ばし、(3)のみかんとあんこを包んで完成。

作業の途中で皮生地が固くなってしまったときは、ラップに包んで10秒ほど温めると柔らかくなって伸ばしやすくなります。

ちなみに、横に切ると断面が可愛く見えますよ!

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。著書『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ』。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain
ホームページ:https://ikeda-manami.wixsite.com/home
You Tube:パン教室Crumb-クラム

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング