免疫力アップ!豚ばら肉を使えば簡単「カムジャタン風スープ」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回記事(たっぷりきのこのみぞれ蕎麦)はいかがでしたか?消化にやさしいきのこたっぷりの蕎麦です。食欲の秋で胃腸がお疲れの時、ぜひお試しくださいね。

今日は、だんだんと気温の低下する季節にぴったりの免疫力アップメニューをご紹介します。

薬膳的ポイント食材

じゃがいもの効能じゃがいも

  • 気を補う
  • 胃腸の調子を整える

豚肉の効能

豚肉

  • 気を補う
  • 体を潤わせる

中医学では、体の表面はつねづね衛気(えいき)と呼ばれるエネルギーが保護してくれていると考えられています。

秋から冬にかけて乾燥が進み、空気を吸い込む肺が弱ると、肺の呼吸によるコントロールではりめぐらされている衛気も乱れます。これにより防衛の力が低下し、病気をしやすくなってしまいます。

そんな季節は、元気に過ごせるように、「気」を補う食材を食べて病気になりにくい体を作りたいもの!

今日は、気を補うのにぴったりの、韓国の名物料理「カムジャタン」風なスープを、スペアリブを豚ばら肉に変えて手軽に作るレシピでご紹介します。

免疫力アップ!豚ばら肉を使えば簡単「カムジャタン風スープ」

免疫力アップ!豚ばら肉を使えば簡単「カムジャタン風スープ」

材料(2人分)

  • じゃがいも 2個
  • 豚バラ薄切り肉 120g
  • キムチ 80g
  • にんにく 1かけ
  • ごま油 大さじ1
  • (A)鶏がらスープの素 小さじ1
  • (A)水 300ml
  • (A)コチュジャン 大さじ1と1/2
  • (A)しょうゆ 小さじ1
  • (A)砂糖 小さじ1
  • 小ねぎ、白すりごま 各適量

作り方

1) じゃがいもは皮をむき半分に切り、耐熱の器に入れふんわりラップをして600Wのレンジで4分加熱する。

2) にんにくは包丁の腹で潰す。キムチは粗くきざむ。小ねぎは青い部分を斜め切りにする。豚ばら肉は5センチ幅に切る。(A)を合わせておく。

3) 鍋にごま油とにんにくを入れて加熱し、にんにくがほんのり色づいてきたら豚肉を入れて炒める。色が変わったらキムチを入れ炒める。

4) じゃがいも、(A)を入れて沸いたら蓋をし、弱火で7~8分、じゃがいもの周りが少し崩れるまで煮る。

5) 器に盛り、小ねぎ、白すりごまをトッピングする。

ポイント

  • キムチを先にしっかり炒めることで、酸味が飛びコクがでやすくなります
  • ごはんとあわせてもおいしいです
  • 辛いのが好きな方は、韓国唐辛子や一味唐辛子などを足すのもおすすめです

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram: @nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング