BLOG

かわいい家政婦さんが欺瞞を暴く!筒井康隆の傑作小説『家族八景』

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『家族八景』

人の心をとことん覗いてみたい。そんな欲望に応えてくれるのがこの小説。他人の心の内を読み取ることのできるヒロインが登場する、筒井康隆の傑作です。


家族八景
著者:筒井康隆
出版社:新潮社

十八歳の火田七瀬は生まれながらの精神感応能力者(テレパス)。他人の心を読みとる能力が備わっています。

住み込みのお手伝いさんとしてさまざまな家庭で働きながら、七瀬は住人の心をそっと覗いてみるのです。人の意識を感知するために「掛け金をはずす」と、相手の思考がどんどん流れ込んでくる。家族の心の裏側が浮かび上がってきます。

ホームドラマのように明るい会話を続ける夫婦や子どもたち。うわべは幸せな家庭に見えるのに、七瀬が読みとる家族の声は、欲望や嫉妬、軽蔑や憎しみにあふれていて——。

「もっと、おつゆを召し上がる」(殺してやりたいわ)「うん、貰おう」(なんだ。その声色は)「ナナちゃん。おつゆ、もう一度温めてきてね」(殺してやろうかしら)心のなかで罵り合いながら平然と食事を続ける夫婦に戦慄します。

住人が七瀬にどんな気持ちを抱いているかもわかってしまう。「この子の皮膚がほしい。この子の年齢がほしい」七瀬の若さに嫉妬した奥様のこんな心理さえも読み取ってしまうのです。

「無風地帯」「水蜜桃」「紅蓮菩薩」など、七瀬が移り住む八つの家庭を描きます。健気なヒロインが本当に魅力的。その圧倒的な能力に魅せられます。

筒井康隆さんの本、以前ご紹介したこちらもぜひ。
『旅のラゴス』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング