ミキサー不要!超簡単ガスパチョ風「すりおろしトマトの冷製スープ」

 

おはようございます!

今日は「トマト」を使った、暑さが残る残暑におすすめの冷製スープをご紹介します。

トマトの冷製スープというと、トマトと野菜をミキサーにかけるスペインの「ガスパチョ」を思いうかべる方もいるかと思います。が、今日ご紹介するのは、ミキサーを使わずにできるガスパチョ風スープ

ガスパチョ風冷製スープ

トマトはトマト缶やジュースを使わず、生のトマトをすりおろして使用。角切りにしてマリネした野菜のしゃきしゃき食感も楽しめます。

また、ガスパチョには欠かせない材料の一つが「パン」ですが、今回は手軽な「パン粉」で代用!余ってカチカチになったパン(食パンやバゲットなど)をすりおろしていれても◎です。

おろし金さえあれば、とっても簡単!なのにおいしい!お店で出てきそうなおしゃれなスープ。

暑い朝の目覚めの一杯にもいいですし、急なお客様へのおもてなしにもぴったり(^-^)

紫外線を浴びた肌をケアするリコピンやビタミンが摂れる、夏のダメージ肌にもうれしい一品です。

ミキサー不要!超簡単ガスパチョ風「すりおろしトマトの冷製スープ」

ミキサー不要!超簡単ガスパチョ風「すりおろしトマトの冷製スープ」

材料(2人分)

  • トマト中サイズ    2個
  • きゅうり  1/3本
  • 玉ねぎ       1/6個
  • (A)酢     大さじ1
  • (A)砂糖       小さじ1弱
  • パン粉      大さじ2
  • オリーブ油・黒こしょう・塩    適量
  • パセリ    好みで

作り方

1) きゅうりは半分に切って種をスプーンで取って、玉ねぎと一緒に5mm角のみじん切りにする。塩2つまみでよくもんで、(A)につけて最低5分マリネしておく。

※きゅうりの種を取ると、食感がよくなります!

2) よく冷やしたトマトをすりおろし、塩ひとつまみとパン粉を混ぜる。

※皮ごとすりおろしますが、大きな皮のかけらが残ったら除きましょう。

※よく冷やしたトマトを使うか、またはすりおろしてからしっかり冷やしましょう。

※おもてなしの際は、ざるなどでこして種を取ると、よりなめらかな舌触りになります♪

3) 器に(2)を注ぎ、(1)のマリネをマリネ液も一緒にのせる。オリーブ油・黒胡椒・パセリをちらして完成!

ポイント

  • パン粉をいれると、全体にとろみがつきます。
  • マリネする野菜は、パプリカやセロリをプラスしても◎

いかがですか?とっても簡単なので、蒸し暑い残暑の朝にぜひお試しください!

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング