どの具材を選ぶべき?低カロリーでお手軽「おでん」ダイエットのコツ

2月22日:今日は「おでんの日」

おでんの素を使えば、煮るだけで簡単に作れて、コンビニでも手軽に買える「おでん」

そんな「おでん」は、選ぶ具材によっては低カロリーなダイエットメニューにもなるんですよ♪

春に向けて痩せたい…と思っている方のために、気をつけたい「おでんダイエット」のポイントを調べてみました。

どの具材を選ぶべき?低カロリーでお手軽「おでん」ダイエットのコツ

ここ数年コンビニで手軽に買えるようになったおでん。「こんにゃく」や「大根」などの、低カロリーの具材が使用されているため、特に秋冬は人気があるダイエットメニューのひとつになっています。

低カロリーだけではなく

・ボリュームがあるのでお腹が膨らみやすい

・具材バリエが多いので、飽きずに続けやすい

というメリットもあるそう。ダイエットしているという人にとってはうれしいですよね♪

そんなおでんダイエットですが、気をつけたいのは、食べる具材の選び方と、食べる量。

おでんには、もともとカロリーが高めの具材も含まれるので、まずは、ダイエットに向く具材をおさえておきましょう。低カロリーな具材は

  • 大根
  • こんにゃく
  • しらたき
  • はんぺん

など。そして、カロリー抑えめで、たんぱく質を補給できるのは

  • 牛すじ
  • 焼き豆腐

などです。

そして、揚げものや糖質が高いなどの理由でカロリーオーバーになったり、塩分が強くむくみやすくなる可能性があるのが

  • がんもどき
  • 厚揚げ
  • じゃがいも
  • ちくわぶ
  • 餅入り巾着

…などなど。大きなフランクフルトソーセージなども、脂質・塩分が高めなので、サイズを気をつけて選びたい具材のひとつですよ。

また、低カロリーな具材でもたくさん食べてしまうと当然カロリーが高くなってしまいます。また、食べすぎることで、塩分が増えてむくみやすくなってしまいますよ。

特に、おでんのつゆには塩分がたっぷり含まれているので、ダイエット中はお汁を飲むのはさけたほうがよさそうです。

私も以前おでんダイエットをしたことがありますが、数週間続けたら食べ過ぎを抑制でき、体が軽くなったように感じます。

でも、おでんだけを食べ続けると栄養が不足してしまいます。おにぎりやサラダを組み合わせて、活動に必要なエネルギーやビタミン・ミネラルも補給してくださいね。

「おでんの日」とは?

おでんを新潟の名物に、おでんで新潟をもっと元気にしようと活動している「越乃おでん会」が制定。新潟のおでんをPRするとともに、オリジナルおでんの開発や普及を行う。日付はアツアツのおでんは「ふーふーふー」と息を吹きかけて食べることから、2(ふー)と22(ふーふー)の2月22日としたもの。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → https://apple.co/2RK3Dcj

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング