BLOG

【日曜日の絵本】寒い日に、お家にこもって読みたい「雪の絵本」2冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本

おやすみの日は、家にこもってゆっくりしたい。ぬくぬくと暖かくして、お気に入りの絵本を読むのはいかがでしょう。

朝、目が覚めたら外は白い雪。そんな日にぴったりの絵本です。

自然の芸術。

雪の結晶が生まれて成長し消えるまでを追った絵本です。「自然の芸術」といわれる雪の結晶。それはあまりに小さく、すぐに消えてしまうので、じっくり見る機会がなかなかありません。

本物の雪の結晶の拡大写真を見ると、その形の多様さがよくわかります。結晶を観察するための方法も参考に。もし雪が降ったら、地面に落ちて消える前に、手袋でそっと受け止めたいです。


雪の結晶ノート
著者:マーク・カッシーノ・ジョン・ネルソン/訳:千葉茂樹
出版社:あすなろ書房

天からの贈りもの。

「きれいだね てんからおちてきた ほしみたい」「ふしぎだね だれがきめたの このかたち」雪の結晶の美しい写真に、詩人の谷川俊太郎がきらめく言葉をつけた一冊です。

空のずっと高いところで生まれた雪の結晶は、天からどんな旅をしてこんな形になったのでしょう。同じ形のものはない雪の結晶の神秘を感じます。小さな「きらきら」を冬の朝に。


きらきら
文:谷川俊太郎/写真:吉田六郎
出版社:アリス館

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
『きらきら』
『雪の結晶ノート』

イマジネーションが広がる日曜日。
一冊の素敵な絵本と出会ったら、いつもと少しだけ違う月曜日が始まります。

楽しいにちようびを。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング