5分でボリュームアップ!缶詰でお手軽「ツナコーンスクランブルエッグ」

 

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

9月になり、新学期や新年度がはじまった方も多いのではないでしょうか。なんとなくリズムがつかめずバタバタしてしまうと、朝ごはんがゆっくり食べられない…なんて日も増えますよね。

そんなときにおすすめなのは、最低限の材料と調理なのにしっかり満足できるメニューです。今回は、思いついたら家にあるもので5分でできる、お手軽「ツナコーンのスクランブルエッグ」です。

常備食材であるツナ缶とコーン缶で、いつものスクランブルエッグをボリュームアップさせましょう。コーンとツナの組み合わせはどんな料理でもハズレがありません。スクランブルエッグにもぴったり!

油のかわりにマヨネーズで炒めて、味つけとふんわり感を出します。

具材と卵を別々に炒めて、最後にさっと混ぜ合わせるのがポイントです。卵が好きな方は卵を3~4個に増やせばたっぷりと食べられます。

忙しいときは、パンにはさんで食べれば、お昼まで十分お腹を満たしてくれます。ぜひ作ってみてください。

5分でボリュームアップ!缶詰でお手軽「ツナコーンスクランブルエッグ」

5分でできるお手軽アレンジ!缶詰活用「ツナコーンのスクランブルエッグ」

材料

  • 卵 2個
  • コーン(缶詰) 50g
  • ツナ缶 小1個(70g)
  • 玉ねぎ 1/4個
  • マヨネーズ 小さじ2

作り方

1) 玉ねぎをうす切りにして、コーン、汁を切ったツナと一緒に炒める。

5分でできるお手軽アレンジ!缶詰活用「ツナコーンのスクランブルエッグ」

2) 玉ねぎがしんなりしたら取り出す。

5分でできるお手軽アレンジ!缶詰活用「ツナコーンのスクランブルエッグ」

3) フライパンにマヨネーズを入れて卵を割り入れて固まったらすぐに火を止めて、とりおいた具材とざっと混ぜる。

5分でできるお手軽アレンジ!缶詰活用「ツナコーンのスクランブルエッグ」

5分でできるお手軽アレンジ!缶詰活用「ツナコーンのスクランブルエッグ」

ポイント

  • 卵が固まったらすぐに火を止めて大きくざっと混ぜましょう。余熱で火が入るので、加熱は最小限でOKです。
  • ツナがオイル漬けの場合は特にしっかり汁気を切り、マヨネーズは少し少なめにして。

Text & Photo:Noriko Yanagisawa

☆この連載は<毎週月曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

簡単ヘルシー♪3行レシピの野菜朝ごはん

野菜ソムリエ&フードコーディネーターに教わる野菜朝ごはんの3行レシピ♪
Written by

柳沢 紀子

フードコーディネーター、野菜ソムリエ、オーガニックフードソムリエ。
日本・シンガポール在住。レシピ開発や商品開発、食品のマーケティングに携わる。野菜ソムリエの資格を活かし、旬の食材を使った季節感のあるレシピを提案。ママ向けのサービス立ち上げや、自身の経験を活かしたママや子ども向けの提案も行っている。現在、忙しいママ向けの離乳食本の準備中。海外生活の経験から、日本だけでなく海外のトレンドも取り入れることが得意。海外のフード情報やトレンドを発信するライターとしても活躍。Women’s Health日本版にて連載中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング