BLOG

映画館の出身です!片桐はいりの名エッセイ『もぎりよ今夜も有難う』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『もぎりよ今夜も有難う』

俳優・片桐はいりの映画館をめぐる名エッセイ集。銀座の映画館でもぎりのアルバイトをした7年間の宝物のような日々をつづります。映画館にいますぐ行きたくてたまらなくなります!


もぎりよ今夜も有難う
著者:片桐はいり
出版社:幻冬舎

かつての銀座文化劇場がもぎりの私の生まれ故郷。わたしは演劇でも映画でもなく、映画館の出身だと思っている——。

幼い頃から映画が大好きだったから、とにかく映画のそばで働きたかった。ただスクリーンのそばにいたかった。そんなはいりさんが選んだのが「もぎり嬢」、銀座の映画館でチケットをもぎる仕事でした。

もぎり仲間と映画の話に明け暮れ、売店のおばちゃんたちとお茶を飲む。お気に入りの映画がかかるとスクリーンを何度ものぞき観ては、セリフを覚えて再現する。大入りの映画ならもぎりの腕の見せどころ。鮮やかな手つきでチケットをもぎる姿が目に浮かんできます。

「かもめ食堂」の公開初日の挨拶でその劇場の舞台に立った時、思わず探していたのはかつての自分。後ろの扉からおかっぱ頭がのぞいているような気がして。ジーンときました。はいりさんの人生の真ん中にいつも映画館があるんですね。過去も現在も、これからもずっと。

旅先で立ち寄った映画館にまつわる話、いまはなくなった映画館の思い出も心にしみます。映画への愛情がほとばしる素敵なエッセイをぜひ。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング