洗い物が楽ちん!スキレットで簡単ヘルシーレシピ♪「キャベツの巣ごもり卵」

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

今日は、調理してそのまま食卓に出せるスキレットを使った簡単な「巣ごもりキャベツ」をご紹介します。ふたをしてキャベツを蒸すことで、甘みが引き出されます。

見た目がかわいいスキレットはできたてをそのまま食べられること、洗い物も少なくてすむことなどから朝ごはんにもぴったりのアイテムです。スキレットがあればいつもの料理もカフェ風になり、フォトジェニックです。

キャベツだけでなくもやしと茹でブロッコリーを加えているので野菜をたっぷり食べられますよ。ポイントはキャベツを炒めてカサを減らしてからもやしとブロッコリーを入れることです。

野菜はお好みで、千切りのにんじんなどでアレンジしてみてください。

洗い物が楽ちん!スキレットで簡単ヘルシー「キャベツの巣ごもり卵」

材料(1人分)

  • キャベツ 160g
  • もやし 30g
  • ブロッコリー(加熱済) 小2個程度
  • 卵 1個
  • 油 適量
  • 塩コショウ 適量

作り方

1) キャベツをざく切りにして、ブロッコリーも小さく切る。

2) スキレットに油をしいて、塩こしょうしたキャベツを入れ、ふたをして2分炒める。

(スキレット用のふたがない場合は、ちょうど合うサイズのお鍋のふたなどで代用してください)

3) もやし、ブロッコリーを加え、真ん中に穴をあけて卵を割り入れて再びふたをし、卵が半熟になるまで加熱する。

ポイント

  • キャベツにはしっかり目に味をつけておくとバランスがよくなります。
  • うすく切ったベーコンやソーセージなどを加えてもgood。その場合は塩気も調整してください。

Text & Photo:Noriko Yanagisawa

☆この連載は<毎週月曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

簡単ヘルシー♪3行レシピの野菜朝ごはん

野菜ソムリエ&フードコーディネーターに教わる野菜朝ごはんの3行レシピ♪
Written by

柳沢 紀子

フードコーディネーター、野菜ソムリエ、オーガニックフードソムリエ。
日本・シンガポール在住。レシピ開発や商品開発、食品のマーケティングに携わる。野菜ソムリエの資格を活かし、旬の食材を使った季節感のあるレシピを提案。ママ向けのサービス立ち上げや、自身の経験を活かしたママや子ども向けの提案も行っている。現在、忙しいママ向けの離乳食本の準備中。海外生活の経験から、日本だけでなく海外のトレンドも取り入れることが得意。海外のフード情報やトレンドを発信するライターとしても活躍。Women’s Health日本版にて連載中。
◆Instagram@arekoreantenna

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング