作り置きにもダイエットにも!簡単「キャベツのさっぱり煮」

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

この時期店頭に並ぶ野菜の中でも、食べておきたいのはみずみずしくてやわらかい春キャベツ、そして香りのよい新しょうがです。

今回ご紹介するのは、そんな旬の野菜を使ったさっとできる一品です。キャベツとしょうがは年中手に入る食材なのですが、旬の食材を使うと味わいもぐっと変わります。

やわらかなキャベツにしょうがのピリっとした香りは相性抜群なので、たくさん食べられます。さっと煮ることでキャベツのカサも大幅に減るので、多めに作るのがおすすめです。カロリーも気にせずに食べられるのもうれしいポイント。食べすぎた後のデトックスにもぴったりですよ。

これは、家族にも大人気で子供たちからよくリクエストの来るメニューです。子供向けには少ししょうがの量を減らしたり、最後に大人の分だけしょうが汁を加えるなどもできます。やさしい味つけなので、小さく刻めば離乳食にも活用できますよ。

できたてもおいしいのですが、冷やしてもおいしいので作り置きにも向きます。少しアレンジしたいときは、酢をかけたりマヨネーズを加えても。

しょうがが香る「キャベツのさっぱり煮」

作り置きにもgood!「新しょうがとキャベツのさっぱり煮」

材料

しょうがが香る「キャベツのさっぱり煮」の材料

  • 春キャベツ 320g程度
  • 新しょうが 1片
  • 乾燥わかめ 大さじ1と1/2
  • 和風だしの素 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/4
  • 水 100ml

作り方

1) キャベツを食べやすい大きさに手でちぎり、新しょうがは薄切りにしてからさらに千切りにする。

2) 鍋にキャベツ、新しょうが、わかめ、だしの素、塩、水を加えてふたをして火にかける。

しょうがが香る「キャベツのさっぱり煮」を作る所

3) キャベツがしんなりしたらざっと混ぜてできあがり。

しょうがが香る「キャベツのさっぱり煮」

 

ポイント

  • キャベツは包丁で切ってもよいのですが、春キャベツはやわらかいので、そのまま手でちぎって鍋に入れるのがおすすめです。食感も見た目もランダムなくらいがちょうどよいです。
  • キャベツは少し歯ごたえが残るくらいでOK。くたくたにしない方が色も鮮やかに仕上がります。

Text & Photo:Noriko Yanagisawa

☆この連載は<毎週月曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

簡単ヘルシー♪3行レシピの野菜朝ごはん

野菜ソムリエ&フードコーディネーターに教わる野菜朝ごはんの3行レシピ♪
Written by

柳沢 紀子

フードコーディネーター、野菜ソムリエ、オーガニックフードソムリエ。
日本・シンガポール在住。レシピ開発や商品開発、食品のマーケティングに携わる。野菜ソムリエの資格を活かし、旬の食材を使った季節感のあるレシピを提案。ママ向けのサービス立ち上げや、自身の経験を活かしたママや子ども向けの提案も行っている。現在、忙しいママ向けの離乳食本の準備中。海外生活の経験から、日本だけでなく海外のトレンドも取り入れることが得意。海外のフード情報やトレンドを発信するライターとしても活躍。Women’s Health日本版にて連載中。
◆Instagram@arekoreantenna

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング