剥き方にコツあり!お手軽デリ風♪「アボカドと卵のパスタサラダ」

おはようございます。野菜ソムリエの柳沢紀子です。

今日カフェ風ワンプレート朝ご飯にもぴったりの「アボカド」の簡単レシピをご紹介します。

DSC_0911 (2)

アボカドは年中で出回っているのですが、よく見ると産地が変わっています。今の時期なら通年売られているメキシコ産に加えてニュージーランド産のものが出てくる頃。

選ぶときは、表面の皮がにツヤがあり、ヘタの部分が浮いていないものにして。すぐに食べない場合は少し緑のものを選んで追熟させて。今日使う、という場合は黒い物を。でも、皮の光が鈍かったりシワがよりすぎていないものがいいです。

とっても手軽にできるのに、アボカドの脂質、ゆで卵のタンパク質、パスタの炭水化物と三大栄養素が朝からバランスよくとれるうれしい一品です。アボカドの濃厚さとマヨネーズでしっかりと味をつけながら、ヨーグルトを使うことで程よい酸味とカロリーダウンを図っています。

そのままで食べてもいいけれど、チーズをかけてオーブントースターで焼き目をつけるとグラタン風にも。

3行レシピで簡単!デリ風「アボカドと卵のパスタサラダ」

DSC_0903

材料(2人分)

  • アボカド 1個
  • 卵 2個
  • ショートパスタ 70g
  • マヨネーズ 大さじ2
  • ヨーグルト 大さじ2
  • 塩 小さじ1/4弱
  • コショウ 適量

作り方

1) 固ゆで卵を作る。パスタを茹でる。

2) アボカドを小さく切る。

DSC_0905

DSC_0906
(包丁で皮目ぎりぎりまで切り込みを格子状に入れて)
DSC_0909
(スプーンですくうと、まな板が汚れず、皮を器に使えます!)

3) アボカド、ゆで卵、パスタ、塩コショウをよく混ぜる。

DSC_0910

DSC_0911

DSC_0913

ポイント

  • ゆで卵は、前日に作っておくと朝は時短&便利。または、ショートパスタと一緒に一つの鍋でゆでると、同じタイミングでできあがります。今回のショートパスタは味がしっかりからむようにフジッリを使っていますが、お好みのもので。
  • アボカドは、半分に切って種を取り除いてから、包丁で皮目ぎりぎりまで切り込みを格子状に入れてから、スプーンですくうようにするとまな板もよごれずラクラク。皮を器に見立てて盛りつけてもかわいいですよ。
  • パスタは、水切りをしたらキッチンペーパーできちんと水気をふいておくとべたっとしません。小さなひと手間をかけることで味がぐっとおいしくなります。

Text & Photo:Noriko Yanagisawa

▼柳沢紀子さんの朝美人インタビューはこちら >> https://asajikan.jp/article/128502

☆この連載は<毎週月曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

簡単ヘルシー♪3行レシピの野菜朝ごはん

野菜ソムリエ&フードコーディネーターに教わる野菜朝ごはんの3行レシピ♪
Written by

柳沢 紀子

フードコーディネーター、野菜ソムリエ、オーガニックフードソムリエ。
日本・シンガポール在住。レシピ開発や商品開発、食品のマーケティングに携わる。野菜ソムリエの資格を活かし、旬の食材を使った季節感のあるレシピを提案。ママ向けのサービス立ち上げや、自身の経験を活かしたママや子ども向けの提案も行っている。現在、忙しいママ向けの離乳食本の準備中。海外生活の経験から、日本だけでなく海外のトレンドも取り入れることが得意。海外のフード情報やトレンドを発信するライターとしても活躍。Women’s Health日本版にて連載中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング