お肌も髪もボディも♪夏を乗りきるパーツ別「温冷ケア」3つ

 

160071c947ac677267c334fedc0899a8_s

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

暑い日が続くと体力が奪われて疲れやすくなりますよね。夏に疲れるのは体だけではありません!紫外線やエアコンなど、過酷な環境にさらされる肌や髪もお疲れ状態。今回は「温冷ケア」で夏を乗り切るお手入れ方法をご紹介します。

ほぐして引き締める「顔の温冷ケア」

e1f3b2eb04ac256ca185a30b870173ab_s

一番手軽な顔の温冷ケアは、毎朝の洗顔で行う方法です。まずは体温以下の温度のぬるま湯で洗顔し、肌をほぐしながら汚れをオフ。夏は汗や皮脂の分泌量が増え、寝ている間にそれらにホコリや汚れが付着しやすくなります。朝の洗顔はきちんと行うことがポイント。

そして、洗顔の仕上げは冷水を使って肌を引き締めましょう。開いた毛穴をキュッと閉じてあげることで、皮脂の過剰分泌を抑えてメイク崩れを防げます。

ドライヤーで「髪も温冷ケア」

235b440f05552197e9336f550c87b5b1_s

シャンプーの後に髪を乾かす時や、朝のスタイリングではドライヤーで温冷ケアがおすすめです。温風で髪をセットしながら乾かした後は、キューティクルを閉じるように上から下に冷風をあてます。たったこれだけで、ツヤとコシが生まれて健康な髪を保てます。

ドライヤーによって温風、冷風が交互に出る温冷ケアモードが備わっているものも。暑い日は最後に冷風をあてると気持ちよく、頭皮が冷えて毛穴がキュッと引き締まります。

冷たいシャワーで「ボディの温冷ケア」

HT036_L

慣れないうちは冷たさにビクビクしてしまいますが、冷たいシャワーでボディの温冷ケアもおすすめです。熱い湯船に浸かった後に、心臓から遠い足先から少しずつ冷たいシャワーをあてます。新陳代謝が活発になり、肌ツヤがよくなりますよ!

なんとなく怠い朝に冷たいシャワーを浴びると、体も心もシャキッとします。やる気が出ない朝などに試してみてはいかがでしょうか。

顔、髪、ボディと3つの温冷ケアをご紹介しました。肌をシャキッと引き締める温冷ケアで、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング