BLOG

朝茶を一服いかが?鴨川や町屋で!京都のお茶暮らしをめぐるオツな本

 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『京都はお茶でできている』

お茶をテーマにした京都ガイドブック。お茶の文化が息づく町ならではのお茶の楽しみを伝える一冊です。

20170720
京都はお茶でできている
編:暮らす旅舎
出版社:青幻舎

今日はカフェに行くより、お茶会しません? 鴨川の岸辺で、町を一望する大文字山で。お抹茶日和は気分次第。そんなふうにお茶を楽しむのって新鮮です。

お茶の道具を入れたバスケット持参で散歩をしたり、ろおじ(路地)の奥でお茶の時間を過ごしたりと、日々のお茶の楽しみかたは本当に幅広い。お茶と能楽、お茶とお風呂、お茶と生演奏、お茶とお酒など、茶人たちのお茶会のユニークな取り組みに新しい可能性を感じます。

京都のお茶の「朝時間」は、朝食を兼ねた朝の茶会。夜明けの光を楽しみながらいただく朝茶、とても素敵ですね。五感が研ぎ澄まされそうです。

お茶がおいしい甘味処や料理店、茶師のわざなども紹介しています。「京都はお茶でできている」と実感する本。お茶でめぐる旅に出かけたくなります。

Love, まっこリ〜ナ

***

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング